【SGT】2016第1戦岡山:日曜朝のフリー走行は赤旗2回、39号車SARD RC Fがトップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 2016年のSUPER GT第1戦岡山。決勝日を迎え、会場はさらに熱気に包まれている。決勝を前に30分間のフリー走行が行われ、No.39DENSO KOBELCO SARD RC Fがトップタイムをマークした。

 気温14度、路面温度17度だが曇り空ということで肌寒く感じた朝のセッション。各車ともに積極的に周回を重ね決勝前のチェックを行ったが、波乱も発生。まずは開始5分を過ぎたところでNo.8 ARTA NSX CONCEPT-GTの野尻智紀がスピンしコース上に停車。復帰しようにも混走状態でなかなか向きをかえることができず、安全確保のため赤旗になった。コースクリアになり、すぐにセッション再開となったが、今度はNo.5マッハ車検86MCが1コーナー出口でクラッシュ。こちらもコース上でマシンを止めてしまい、2度目の赤旗に。マシン回収に時間がかかってしまい、当初終了予定時刻だった30分に再開。急きょ5分延長され35分にチェッカー。決勝前に波乱のセッションとなってしまった。

 セッションでトップタイムを記録したのは39号車。最終ラップにヘイキ・コバライネンが1分21秒771をマークした。GT300クラスはNo.65LEON CVSTOS AMG-GTがトップタイムを記録した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…
  2. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  3. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  4.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  5. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る