【SGT】2016第1戦岡山:GT300は新型メルセデスAMG GT3が本領発揮!LEON CVSTOS AMG-GTがチーム初勝利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

 2016年のSUPER GT開幕戦。今年は参戦マシンの大半は入れ替わり新しい勢力図がどうなるか注目が集まったGT300の決勝レースはNo.65 LEON CVSTOS AMG-GTが優勝した。

 前日の予選ではマザーシャシーのNo.25VivaC 86MCがポールポジションを獲得。スタートでも土屋武士がGT3勢を押さえ込みトップを死守。しかし2番手スタートの65号車を駆る黒澤治樹がぴったりとマーク。序盤から岡山のようなテクニカルコースに強い86MCと今年は新型マシンにして弱点だったコーナリング面を強化してきたメルセデスAMG GT3のガチンコバトルが展開。会場に詰めかけたファンもGT500のバトルと並行して注目した。

©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

 なんとか突破口を見つけようとプレッシャーをかける黒澤だが、先行する土屋も隙を与えない走りでトップを死守。GT500との混走もあり、緊迫した駆け引きが中盤まで続いた。

 逆転の糸口がつかめない65号車は先にピットに入り、クリアなところでタイムを稼いで逆転するアンダーカットを決断。30周を終えたところでピットインし蒲生尚弥に交代。これに25号車陣営もすぐに対応し翌周にピットイン。こちらは松井孝充が乗り込んだ。

 25号車がアドバンテージを持ってコース復帰を果たすが、1周先に作業を終えタイヤも温まっている65号車が一気に差を詰め、34周目のアトウッドコーナーでインを突き逆転に成功。その後は少しずつ25号車との差を広げていき、逃げの体制に持ち込んで行った。

©S.Nakagawa ©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

 65号車の活躍に乗じて、同じメルセデスAMG GT3マシンの他チームが見どころを作る。No.4グッドスマイル初音ミク AMG GT3(谷口信輝/片岡龍也)も43周目に2位へ浮上。さらにNo.11GAINER TANAX AMG GT3(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム)も終盤に順位を上げて4位に食い込む走りをみせた。レース前半はクラスをリードしていた25号車だったが、後半はGT3勢の猛攻に屈する形となってしまい、5位でチェッカーを受けた。

©KANSENZYUKU

 トップ浮上以降は2位以下に近づく隙を与えず、最後まで堅実な走りをみせた65号車。そのままトップチェッカーを受けチームとして嬉しい初勝利を獲得。2位に4号車初音ミクAMGが入り、メルセデス勢が新車での初レースでワンツーを独占。3位には、こちらも新車で臨んだNo.7 Studie BMW M6 GT3(ヨルグ・ミューラー/荒聖治)が食い込み、メルセデス勢の表彰台独占を阻止した。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る