【2016鈴鹿8耐】公式合同テスト3日目:ヨシムラ・スズキが再び最速タイムをマーク!唯一2分07秒を記録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

2016鈴鹿8耐の公式合同テストは最終3日目を迎え、No.12ヨシムラ・スズキ・シェル・アドバンスがトップタイムを記録した。

前日ほどの暑さとはならなかったが、夏らしい1日でセッションが進行。Aグループでは途中何度か赤旗があり、やや不完全燃焼のところもあったが、大きなクラッシュなどもなく17時30分に全セッションを終えた。

©KANSENZYUKU

トップタイムを記録したのはヨシムラ・スズキ。今年は同チームから参戦する芳賀紀行は2日目からヨシムラ伝統のスペシャルヘルメットで登場。スペアバイクをメインに走り込みを行い、バイクやタイヤのフィーリングをスタッフに伝えていた。エースの津田拓也も順調に走行。最終セッションでは2分07秒479をマーク。3日間トータルで最速タイムで合同テストを終えた。今回はヤマハ・ファクトリー・レーシングが参加していなかったため、今回の結果がそのまま本番での勢力図とは考えづらいが、3日間のうち2日でトップタイム。確実に手ごたえをつかんでいる様子だった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

2番手にはNo.5 F.C.C. TSR Honda。昨日はマシン炎上に見舞われてしまったが、3日目も積極的に走り込みを行い、2分08秒224を記録。3番手には同じホンダ勢のNo.104 TOHO Racingが2分08秒249で続き、ホンダ勢が最終日で速さを見せていた。

公式合同テストはこれで終了。来週の13・14日にもタイヤメーカーテストを経て、いよいよ3週間後の28日に2016コカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース第39回大会が開幕を迎える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る