【SGT】2016鈴鹿公式合同テスト:初日午前はS Road CRAFTSPORTS GT-Rが最速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

今月末からいよいよ中盤戦が始まるSUPER GT。それを前に7月8・9日にわたって鈴鹿サーキットで公式合同テストがスタート。初日午前のセッションではNo.46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rが最速タイムをマークした。

当初は2日間で計4セッションとも均等にテスト時間が設けられていたが、2日目は天候悪化になる予報が出ていたこともあり、急遽初日のセッション1の走行時間を2時間40分に伸ばして行われた。それでも、朝からポツポツと雨が降り始め、早々にウエットコンディションになるのかと心配されたが最後までドライのままセッションが進行。途中コースオフ車両を回収するため2回赤旗中断があったものの、特に大きな波乱もなく最初のセッションを終えた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

GT500クラスは全15台が参加。主に後半戦に向けてたマシンのセットアップと来月の鈴鹿1000kmに向けたタイヤテストがメイン。各車とも積極的に走り込みプログラムを消化。そんな中で速さを見せたのがNo.46 CRAFTSPORTS GT-R(本山哲/千代勝正)。今季2戦とも好調な走りを見せていたが、ここ鈴鹿でもそのままの勢いで1分48秒963をマークした。しかし、ライバル勢もしっかりタイムを出しており2番手にはNo.38ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明)が0.1秒差、3番手にはNo.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(山本尚貴/伊沢拓也)が0.2秒差で続き。トップから10位のNo.15ドラゴモデューロNSX CONCEPT-GT(武藤英紀/オリバー・ターベイ)までが1秒以内にひしめいている。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

GT300クラスは、鈴鹿1000kmで参戦する予定の第3ドライバーも多数登場。午前中から積極的に周回を重ねていた。トップタイムはNo.2シンティアム・アップル・ロータス(高橋一穂/加藤寛規/牧野任祐)が1分58秒411を記録。早速2番手以下に0.7秒の大差をつけた。今回、第3ドライバーには全日本F3に参戦中の牧野が参加。この後の走りにも注目が集まる。

2番手にはNo.25VivaC 86 MC(土屋武士/松井孝充/山下健太)、3番手にはNo.31TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/中山雄一)が続いた。

午後は14時00分からセッション2がスタート。15時50分まで混走で行われ、その後10分ずつGT300、GT500と専有走行が予定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る