【SF】2016第3戦富士:金曜専有走行は雨…石浦宏明がトップタイム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

2016年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の第3戦が15日、富士スピードウェイで開幕。金曜専有走行が行われ、石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)がトップタイムを記録した。

セッション開始直前までは太陽も顔を出しドライコンディションだったが、始まるのとほぼ同タイミングで雨が降り出しウエットコンディションに。さらに半袖では寒く感じるほど冷え込んでしまうほどだった。その中でも貴重な1時間を有効に使おうと各車積極的にコースインするが、ハーフウエット気味の中途半端なコンディションにコースオフするマシンが続出。ブレーキングでもマシンを滑らせ挙動が安定しないなど、難しいセッションとなった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

そんな中で好調だったのがNAKAJIMA RACING。中嶋大祐がセッション中盤からトップタイムを記録。比較的濡れた路面でも安定した走行を見せていた。しかし、残り10分になると雨が止み路面コンディションも回復傾向へ。

トップも目まぐるしく入れ替わっていき、最後に最速タイムを記録したのは石浦、1分36秒834を記録した。大祐も最後のラップでタイムを伸ばすが0.037秒届かず2番手。3番手にはジェームス・ロシター(KONDO RACING)が続いた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

今年は金曜にセッションが追加され、週末のレース展開を占う試金石になるかと思われたが、今日に関しては路面コンディションも流動的で、ラップタイムもそれに影響された部分が多い模様。さらに今週末も晴れるのか雨なのかが、はっきりとしない状態が続いており、今回の富士戦は予想不可能かつ大波乱もありそうなレースになっていきそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション株式会社は18日、2018…
  2. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  3. [table id=80 /]…
  4. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  5. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る