【SF】富士スピードウェイでメーカーテスト開催、もてぎ限定登場の新タイヤが登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

2016全日本スーパーフォーミュラ選手権の第3戦から一夜明けた富士スピードウェイで、全車が参加してのメーカーテストが行われた。

今回は、第4戦もてぎ限定で導入されるヨコハマタイヤの新タイヤが登場した。もてぎ戦限定で新しい取り組みとして、週末にミディアムタイヤ(従来のコンパウンド)とソフトタイヤ(今回新しく用意したコンパウンド)が供給され、決勝レースでは2種類を必ず使用しなければいけないというルール。少し前のF1に似たフォーマットが採用される。

なお、外見からも簡単に判別できるように、ソフトタイヤには従来のロゴマークに加えて赤いマークをサイドウォールに入れてある。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

それを試せる唯一のチャンス。ドライバーに2セットずつ配られ午前と午後の各1時間30分セッションに臨んだ。

また昨日のレースでトラブルやアクシデントに見舞われたマシンも修復されてテストに参加。フリー走行で大クラッシュを喫した中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)には、急きょホンダのテストカーが持ち込まれ、これに乗って参加した。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

午前中のセッションでは、全車がマシンチェックとコースコンディションの確認も兼ねてミディアムタイヤで走行したが、開始から20分ほどが経過したところで塚越広大、伊沢拓也(REAL ARCING)がソフトタイヤを履いてコースイン。同じタイミングで山本尚貴(TEAM無限)もソフトタイヤを装着した。

その後、ナレイン・カーティケヤン(SUNOCO TeamLeMans)が1コーナーでスピンを喫し赤旗中断になるが、セッションが再開されると、続々とソフトタイヤを導入。午前中は石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)がトップタイムを記録した。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

午後も1時間30分のセッション。直前にスコールのような感じで雨が降り、一瞬ウエットコンディションになったが、すぐに天候が回復し路面もドライに。何度かコースオフする車両やコース上のデブリ回収のために赤旗中断とはなったが、セッション後半には各車がソフトタイヤを投入し積極的に周回を重ねた。

そして、残り10分を切ったところで新品ソフトタイヤを履いて続々とコースイン。やはり予選でどれくらいのパフォーマンスが発揮されるか確認しておきたいところなのだろう。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

最後はいつものテスト通りのタイムアタック合戦となり、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分23秒540でトップタイム。2番手には山本が0.161秒差で続き、3番手には関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が入った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

トップタイムを記録したオリベイラは「ソフトタイヤはグリップ力が高いね。コーナーでもブレーキングでも良い性能を発揮してくれる。みんなが思っている以上に良いタイヤだと思うよ。正直、今詳細な戦略について予想するのは難しいけど、ソフトとミディアムはペース的な差はラップあたり約1秒。その辺では大きく違うタイヤだと思う」と新しいタイヤの印象を語ってくれた。

注目の第4戦もてぎは8月20・21日にツインリンクもてぎで開催。今年は例年以上に熱いバトルがもてぎで見られるかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-1-3

    【東京オートサロン2017】開催スケジュール&チケット情報(1月13・14・15日開催)

    今年も千葉県の幕張メッセで「東京オートサロン2017」が1月13・14・15日に開催される。…
  2. 2016-10-1

    【2016F1日本GP】入場ゲートオープン時間のお知らせ

    [table id=54 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動しゲー…

最近の記事

  1. ©︎MOBILITYLAND 今年も10月6・7・8日に鈴鹿サーキットで開催される2017…
  2. ©︎Red Bull レッドブルの若手育成チームである「レッドブル・ジュニア・チームは18…
  3. ©T.Yoshita/KANSENZYUKU 昨年末から注目を集めていたメルセデスのレギュ…
  4. 今年も毎日大盛況だった東京オートサロン2017は、15日に閉幕。3日間の総来場者数は324,…
  5. 今年もSUPER GTのGT300クラスに参戦するスバルは13日、東京オートサロンの会場でモ…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る