【SGT】2016第4戦SUGO:松井孝充が他を圧倒!VivaC 86 MCが今季2度目のPP!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©CircuitNow
©CircuitNow

2016年のSUPER GT第4戦SUGO。GT300クラスの公式予選はNo.25VivaC 86 MC(土屋武士/松井孝充)が今季2回目のポールポジションを獲得した。

中高速域のコーナーが多いスポーツランドSUGOでは、JAF-GTやマザーシャシー勢が速さを発揮。Q1ではNo.31TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/中山雄一)がトップタイムを記録。No.2シンティアム・アップル・ロータス(高橋一穂/加藤寛規)が2番手に続き、また午前の公式練習でクラッシュを喫したNo.61SUBARU BRZ R&D SPORTもマシンを修復し予選に登場。井口卓人が午前の遅れを取り戻す走りをみせQ2へ進出した。

一方、開幕2戦で他を圧倒したFIA-GT3勢は苦戦。開幕戦を制したNo.65LEON CVSTOS AMG-GT(黒澤治樹/蒲生尚弥)、No.3B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/ヤン・マーデンボロー)が揃ってQ1敗退と波乱もあった。

続くQ2では、昨年SUGOを制した25号車が抜群の速さを発揮する。Q2担当の松井が1分18秒160で暫定トップへ。しかしQ1最速の31号車プリウスも嵯峨が1分17秒995で逆転を果たし、GT300のポールポジション争いは、この2台による一騎打ちになっていく。

©CircuitNow ©CircuitNow

松井は翌周もアタックを続け、各セクターでタイムを更新。1分17秒499で31号車を0.5秒圧倒。これで終わりかと思いきや、もう1周アタック。自身のベストを0.006秒上回る1分17秒493まで詰めた。

これには31号車もお手上げと言わんばかりにピットへ。さらに最後までタイムアタックを続けていた61号車もピットに戻り、25号車の今季2度目のポールポジションが確定。チーム所属2年目となる松井にとっては初めて自らの手で射止めたポールポジションとなった。

©CircuitNow

SUGO前から自信があったという25号車だが、この1分17秒4という速さは想定以上だった様子。土屋も成長著しい松井を絶賛していた。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る