【SGT】2016第4戦SUGO:松井孝充が他を圧倒!VivaC 86 MCが今季2度目のPP!

©CircuitNow
©CircuitNow

2016年のSUPER GT第4戦SUGO。GT300クラスの公式予選はNo.25VivaC 86 MC(土屋武士/松井孝充)が今季2回目のポールポジションを獲得した。

中高速域のコーナーが多いスポーツランドSUGOでは、JAF-GTやマザーシャシー勢が速さを発揮。Q1ではNo.31TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/中山雄一)がトップタイムを記録。No.2シンティアム・アップル・ロータス(高橋一穂/加藤寛規)が2番手に続き、また午前の公式練習でクラッシュを喫したNo.61SUBARU BRZ R&D SPORTもマシンを修復し予選に登場。井口卓人が午前の遅れを取り戻す走りをみせQ2へ進出した。

一方、開幕2戦で他を圧倒したFIA-GT3勢は苦戦。開幕戦を制したNo.65LEON CVSTOS AMG-GT(黒澤治樹/蒲生尚弥)、No.3B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/ヤン・マーデンボロー)が揃ってQ1敗退と波乱もあった。

続くQ2では、昨年SUGOを制した25号車が抜群の速さを発揮する。Q2担当の松井が1分18秒160で暫定トップへ。しかしQ1最速の31号車プリウスも嵯峨が1分17秒995で逆転を果たし、GT300のポールポジション争いは、この2台による一騎打ちになっていく。

©CircuitNow ©CircuitNow

松井は翌周もアタックを続け、各セクターでタイムを更新。1分17秒499で31号車を0.5秒圧倒。これで終わりかと思いきや、もう1周アタック。自身のベストを0.006秒上回る1分17秒493まで詰めた。

これには31号車もお手上げと言わんばかりにピットへ。さらに最後までタイムアタックを続けていた61号車もピットに戻り、25号車の今季2度目のポールポジションが確定。チーム所属2年目となる松井にとっては初めて自らの手で射止めたポールポジションとなった。

©CircuitNow

SUGO前から自信があったという25号車だが、この1分17秒4という速さは想定以上だった様子。土屋も成長著しい松井を絶賛していた。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る