【2016鈴鹿8耐】決勝4時間経過:TSR、ハルク・プロが脱落、ヤマハファクトリーがダントツの速さでリード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレースが11時30分にスタート。現在4時間を経過して、No.21YAMAHA FACTORY RACING TEAMがトップを死守している。

スタート直後から波乱が続出した今年の鈴鹿8耐。7周目には優勝争いの一角と目されていたNo.5F.C.C. TSR Honda(ドミニク・エガーター)がシケインで転倒。ピットに戻って修復作業を行い、戦列に復帰するが、大きく順位を後退。また最初の40分でトップを走っていたNo.17TeamKAGAYAMAもピット作業でトラブルが発生。第2スティントでもタイヤがホイールのリムから外れるトラブルに見舞われ現在は14番手を走行している。

これでトップに立ったのは、21番ヤマハファクトリー。中須賀克行、アレックス・ローズ、ポル・エスパルガロの順でリレーしていき、早くも4時間経過時点で110周を走破。このまま行けば咲いた周回数(219周)を更新しそうな勢いだ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

このヤマハファクトリーに勝負を挑んだのがNo.634MuSASHi RT HARC PRO。なんとか1分以内の差を保っていたが、ニッキー・ヘイデンがライディング中の75周目にトラブルでストップ。ピットまでマシンを戻し修復作業が行われたが、リタイアが正式決定。昨年に続き、今年も夜のチェッカーを迎えることができなかった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

これで2番手に上がったのはNo.12ヨシムラ・スズキ・シェル・アドバンス、No.87TeamGREENとともに激しいポジション争いを繰り広げている。

今年は、ここまでセーフティカーが一度も出場しないという珍しく落ち着いた展開になっているが、レースはまだ4時間残っている。どういった結末を迎えるのか、まだまだ目が離せない。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る