【SGT】レクサスが2017年規定のGT500マシン「LC500」を初お披露目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

2016年のSUPER GT第6戦インターナショナル鈴鹿1000kmの開幕を明日に控えた鈴鹿サーキットで、LEXUS GAZOO Racingが2017年から導入予定の新型マシン「LC500」を発表した。

GT500クラスは2014年からDTMとの規則統一をしていく形で大幅に車両レギュレーションを変更。2013年のこの時期に3メーカーが揃ってマシンの発表を行った。2017年からの規則変更に合わせて各メーカーともマシンを一新する予定だが、その先陣をきってレクサス勢がいち早くマシンをお披露目する運びとなった。

今年までの車両はRC Fをベースとしていたが、新型マシンはレクサスの新しいフラッグシップクーペで来年春頃から発売予定のLC500をベースとしたものになっている。また今回はGT車両に加えて、ベースモデルのLC500も公開された。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

「より鋭く、より優雅に」をキーワードとしており、RC Fと比べてもダイナミックでありながらすっきりとした外観になっているのが特徴的だ。

また発表会に参加したGTAの坂東正明会長は、主に2017年からの規則変更点について説明。メインは安全性の向上をテーマとしており、フロントスプリッター、リアディフューザー、リアウイングなどに細かな制限を設け、ダウンフォースは前年比約25%削減されるとのこと。さらにGT500車両はコックピット内に後部隔壁の設置を義務付け。これに伴いリアウインドウの素材もカーボンに変更することを認めている。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

坂東会長は「2017年の特徴は、安全性のさらなる向上に焦点をあてた規則変更。GT500は年々スピードを増しており、各サーキットのコースレコードを更新しているのにQ1を突破できないほどのもの。まさに世界最速のツーリングカーレースであると自負しています。その一方で、行き過ぎたスピード競争がのちに大きな事故につながる懸念を抱いているのも事実。規則によってマニュファクチャラーやタイヤメーカーの技術進化に歯止めをかける考えはないが、今やGT500車両のコーナリングスピードは異次元の領域に入っていると言っても過言ではありません。そのため2017年車両の規則の見直しを図りました」とコメントした。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

なお、このマシンは数日前に完成されたばかりとのこと。来月シェイクダウンを予定を行い、来年の開幕に向けてマシンをブラッシュアップしていくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2018-9-25

    【2018F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…

最近の記事

  1. いよいよ今週末開幕する2018F1日本グランプリに向け、続々とドライバーたちが来日。舞台とな…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 ドライバー、チームがTw…
  3. 10月5日~7日に開催される2018F1日本グランプリ。毎年、決勝日には多数の観客が鈴鹿サーキットに…
  4. 毎年、F1日本グランプリ期間中に鈴鹿サーキットからJR鈴鹿サーキット稲生駅方面のサーキット道…
  5. 10月4日(木)~8日(月・祝)に開催されるF1日本グランプリに向けて、「5807分の1サポーター」…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る