【SF】2016第7戦鈴鹿:土曜フリー走行は石浦宏明がトップ。予選は激戦の予感か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

2016年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の最終戦が鈴鹿サーキットで開幕。早速午前9時10分からフリー走行が行われた。

前日は雨に見舞われたが、今朝は青空が広がり路面コンディションもドライに。それでもラバーグリップが載っている状態ではないため、セッション前半はマシンのチェックやセッティングの確認。また新品タイヤの皮むきも行っていた。セッション前半からチャンピオン争いに加わるメンバーが好タイムをマーク。国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)やストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)などが上位に名を連ねた。

残り10分を切ると予選に向けたシミュレーションを行い、一気にタイム更新。目まぐるしくトップが入れ替わり早くも実際の予選さながらの展開となった。その中でトップタイムをマークしたのは石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)。1分38秒082を記録し、幸先の良いスタートを切った。

2番手には小暮卓史(DRAGO CORSE)、3番手にはアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)がつけ、関口も0.2秒差の4番手となった。

今回も僅差の上位陣となっており、予選も誰がトップに立ってもおかしくない状況。14時10分から始まる。

なお、今回は2レース制になるためQ1の順位がRace1のグリッド、Q3までの総合順位がRace2のグリッドとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る