【JSB1000】2016最終戦鈴鹿:Race1は中須賀、Race2は津田がポール!注目のハスラムも好位置につける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©︎KANSENZYUKU

2016年の全日本ロードレース選手権最終戦「第48回MFJグランはリ」の公式予選が行われ、JSB1000クラスはRace1が中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、Race2は津田拓也(ヨシムラスズキシェルアドバンス)がそれぞれポジションを獲得した。

毎年恒例、全日本ロードレース選手権のシーズンを締めくくるMFJグランプリ。予選日から天候にも恵まれ、朝から熱心なファンが多数来場。やはり最終戦とあってチャンピオン争いに注目が集まっているようだった。

最高峰のJSB1000は、前人未到の5連覇が目前と迫っている中須賀。前回の岡山ではウエット路面でまさかの3位に終わってしまうが、それ以外の5レースは全て勝利。鈴鹿8耐も連覇を成し遂げるなど、今年も無敵に近い強さを誇っている。

リタイアなど万が一の事態が起きない限りチャンピオンは確実なのだが、今回は強力なライバルが登場。今季ブリティッシュスーパーバイクに参戦し鈴鹿8耐ではカワサキに16年ぶりの表彰台獲得にも貢献したレオン・ハスラムがTeamGREENからスポット参戦。金曜日の専有走行ではトップタイムをマークし、周囲を驚かせた。

迎えた今日は2ラウンドのノックアウト方式で行われ、Q1の順位がRace2、Q2までの総合順位がRace1のグリッドとなる。

©︎KANSENZYUKU

このままハスラムがポール奪取をするのかと思われたが、予選Q1からランキング上位のメンバーが「全日本もレベルが高いのだ」と言わんばかりにアグレッシブなライディングを披露。中須賀がいきなり2分5秒847を叩き出すと、すかさず津田が2分5秒824でトップ更新。セッション後半はほとんどタイム更新が見られず、このままの順位で終了。0.023秒差でトップ通過を果たした。

©︎KANSENZYUKU

続くQ2では王座獲得に向けポールポジションを射止めたい中須賀が一気にペースアップ。2分05秒541をマークすると2周続けてアタック。2分5秒535のベストタイムを記録し、他のライダーに対して大きなアドバンテージをつけた。

これに対抗してきたのが、予想通りハスラム。途中の区間タイムでも中須賀に肉薄。そのまま逆転ポールかと思われたが、最後は0.154秒届かず2分06秒689で2番手に。Race1もきっちりとアタックを決めた中須賀がポールポジションを獲得した。

©︎KANSENZYUKU

なおJ-GP2は関口太郎(MISTRESA with HARC-PRO)、J-GP3は徳留真紀(CLUB PLUSONE)、ST600(伊藤レーシングGMDスズカ)がそれぞれポールポジションを獲得した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る