【JSB1000】2016最終戦鈴鹿:レオン・ハスラム「機会があれば来年の8耐や全日本でまたバトルがしたい」…決勝Race2記者会見コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

優勝:中須賀 克行選手
「最初の赤旗でレオンが怪我をしていたのでどういった展開になるのかと思っていたけどレオンが万全な状態ではなかったので少し楽をさせてもらったかなと、自分のし掛けたい周に仕掛けて思い通りのレース展開に持っていきコントロール出来たと思います。勝って一年を締めくくれた事はまた来年につながるいい走りができたと思います」

「第1レースはプレッシャーに押し潰されそうになりましたが第2レースは思い通りの走りができたのでチャンピオンらしい走りができたと思います。来年以降は記録更新になるのか違う形でのチャレンジになるのかまだ分かりませんが、また全日本を走るなら誰にも抜けない記録を更新していこうと思うし、どういう環境であれ常に全力を尽くしてタイトルを取りに行きたいと思います」

2位:レオン・ハスラム選手
非常に危なくて怖いクラッシュでした。だけどバイクが背中に当たりそうになったんだけど運良く当たらなくて第2レースも走行できてよかった。クラッシュによって手首を負傷して万全ではなかったしドキドキもしていたけどTカーも準備できていた。だけどレースするにあたってメインバイクよりも若干フィーリングは良くなかったんですが2位表彰台を獲得できて嬉しく思います」

「中須賀選手のレースは完璧だったと思うし全てにおいて自分より上回っていたと思います。中須賀選手とのバトルはとても楽しかったし機会があれば来年の8耐や全日本でまたバトルがしたいです」

高橋 巧選手
「今年はずっと5位や6位のレースが続いていて、前半戦は自分の中ですごく苦労していた中で結果も残せずにいたんですが、前回の岡山をきっかけに少しずつペースを取り戻す事ができて昨日の予選でも5秒台も出せたし凄く自信になりました。今回は3位表彰台を獲得できて嬉しく思います」

「今日のレースもしっかり戦えると思っていたのですが相変わらずのスタートのミスで順位を下げてしまいました。そういった所をしっかり直して面白いレースをするのが来年の課題です」

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. SUPER FORMULA 開幕戦が行われた鈴鹿サーキットでは、昨日に続き決勝日となる今日も…
  2. 2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の開幕戦。注目の公式予選が22日、鈴鹿サーキット…
  3. 2017年のスーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿が22日、鈴鹿サーキットで開幕。午前中のフリー走行…
  4. 2017年のNGKスパークプラグ鈴鹿2&4レースが22日に開幕した。 鈴鹿サー…
  5. 今週末にいよいよ開幕する2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権。22日からの公式セッシ…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る