【SF】ホンダが2017スーパーフォーミュラ体制を発表、GP2王者ガスリーはTEAM無限に加入!

©T.Yoshita

ホンダは13日、2017年のスーパーフォーミュラ参戦体制を発表。注目のGP2王者ピエール・ガスリーはTEAM無限から参戦。噂が上がっていたレッドブルカラーのマシンもお披露目された。

今シーズンもホンダは5チーム8台にエンジンを供給。主な変更点としてはTEAM無限が2014年以来となる2台体制に復活。対してリアル・レーシングが1台体制なった。そして昨年までのドラゴコルセに代わり、B-MAX Racingが新規参戦を果たす。

ドライバーの移籍という部分に関しては、1台のみのリアルは塚越広大が乗り込み、伊沢拓也は古巣ダンディライアンに移った。ナカジマレーシングはベルトラン・バケットに代わり、ナレイン・カーティケヤンが加入する。またB-MAXは小暮卓史を起用することで決まった。

そして、この日の体制発表で一番注目を集めたのがTEAM無限。年明けから噂が上がっていた通り、ピエール・ガスリーが加入することになった。

レッドブル・ジュニアチームのメンバーで、レッドブルからの強力なサポートがあるということもあり、彼が乗る15号車はレッドブルカラーに。なお山本が乗る16号車はこれまで通りの無限カラーで参戦予定とのことだ。

ガスリーは「とてもエキサイディングな気持ちです。スーパーフォーミュラは僕にとって全く新しいチャレンジ。新しい国、新しいチーム、新しいコースばかりで、まだテストもしていないのでクルマのことやコースのことも全く分からないから、これから勉強することになる。このシーズンを前向きに楽しみにしている。やっぱり勝つためにここにきているので、全力で頑張りたい」と力強くコメント。早速3月4・5日の鈴鹿ファン感で初走行する予定で、早速注目が集まりそうだ。

©T.Yoshita

2017のスーパーフォーミュラ(ホンダ)参戦体制
<REAL>
No.10塚越広大
<無限>
No.15ピエール・ガスリー
No.16山本尚貴
<ダンディライアン>
No.40野尻智紀
No.41伊沢拓也
<B-MAX>
No.50小暮卓史
<ナカジマ>
No.64中嶋大祐
No.65ナレイン・カーティケヤン

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る