【SGT】日産が2017年の参戦体制を発表、マーデンボローがGT500に昇格

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita

日産/ニスモは17日、2017年のモータースポーツ活動計画を発表。注目のSUPER GT(GT500)のドライバーズラインナップが明らかになった。

昨年は最終戦まで争ったもののタイトル獲得を逃し、悲願の3連覇を達成できず。今年はレギュレーション変更に伴い2017年モデルのGT-Rをベースとしたマシンを開発。タイトル奪還を目指す。

注目のラインナップだが、参戦体制は昨年の変わらず4チーム。このうち、カーナンバーが23に戻ったニスモは、引き続き松田次生、ロニー・クインタレッリのコンビ。MOLAも本山哲と千代勝正で今シーズンも臨む。

チームインパルは4年ぶりにコンビを変更。安田裕信が残留し、新たにヤン・マーデンボローがGT300からステップアップしてきた。昨シーズンはB-MAX NDDP GT-Rから参戦し、いきなり2戦目で優勝。同じくフル参戦した全日本F3選手権でも3勝を挙げる大活躍。まさに満を持してのステップアップとなった。

そしてジョアオ・パオロ・デ・オリベイラは古巣のKONDO RACINGヘ。陣営の中で著しい成長を遂げている佐々木大樹とともに2017シーズンに挑む。

またGT300クラスの日産系チームとしてNDDP RACINGが今年も参戦。星野一樹と高星明誠のコンビが復活することになった。

ニスモの片桐隆夫社長はプレスリリースでコメントを発表。「今年はSUPER GTのGT500クラスに17年仕様のGT-R NISMOをベースとした新型車で参戦します。なんとしてもシリーズチャンピオンを奪還するという固い決意で、クルマ、組織、体制といったあらゆるものを見直し、これまで以上の準備を行っています。チーム体制も4チームそれぞれがタイトルを狙える強力な布陣としました。今年も全力で戦いますので、ファンの皆様にはこれまで同様の熱い応援をお願いいたします」と今季についての、思いを語った。

©T.Yoshita
(2016年の体制発表の様子)

また19日(日)には横浜の日産グローバル本社ギャラリーで、参戦体制の発表会を開催。ドライバーも登場しファンイベントが行われる予定だ。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. SUPER FORMULA 開幕戦が行われた鈴鹿サーキットでは、昨日に続き決勝日となる今日も…
  2. 2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の開幕戦。注目の公式予選が22日、鈴鹿サーキット…
  3. 2017年のスーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿が22日、鈴鹿サーキットで開幕。午前中のフリー走行…
  4. 2017年のNGKスパークプラグ鈴鹿2&4レースが22日に開幕した。 鈴鹿サー…
  5. 今週末にいよいよ開幕する2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権。22日からの公式セッシ…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る