【SGT】日産の2017年ドライバーがファンの前に登場、タイトル奪還を目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita

日産/ニスモは19日、2017年のモータースポーツ活動計画発表会を開催。各チームの監督、ドライバーが集結しタイトル奪還をファンに約束した。

すでにリリース上ではドライバー体制が発表されたが、この日は改めてファンの前にドライバーたちが登場し、ファンに挨拶した。

©T.Yoshita

ステージ上には、23号車となったMOTUL AUTECH GT-RとGT300のNo.3B-MAX NDDP GT-Rが展示され、早速今シーズン型のカラーリングを披露。ここ数年は赤とグレーのカラーリングだったニスモだが、フロントから見ると赤色になっており、リアは黒いデザインになっている。

©T.Yoshita

同じような配色でB-MAX GT-Rも白がメインのマシンとなった。

冒頭でニスモの片桐隆夫社長は、SUPER GTをはじめカスタマーレーシングなどの体制を発表。「GT500ではタイトルの奪還、そしてカスタマーレーシングでは一つでも多く勝利が取れるように頑張ります」とコメントしていた。

また、ニスモでは2018年からのGT3エボリューションモデル投入に向けての開発を開始。その担当ドライバーには柳田真孝とミハエル・クルムが務める。

ステージにはGT500の4チーム8名のドライバーに加え、GT300の星野一樹/高星明誠、スーパー耐久でST-X連覇を目指す藤井誠暢、そして柳田とクルムも登壇した。

©T.Yoshita

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る