【SF】2017鈴鹿合同テスト:1日目午前は関口がトップ、1分36秒台に突入!

©︎KANSENZYUKU

スーパーフォーミュラの公式合同テストが6日、鈴鹿サーキットで開幕。1日目の午前は関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がトップタイムを記録した。

先日の鈴鹿ファン感で、すでに各マシンとも走行はしているが、今日からは本格的なテストセッション。曇り空の中、路面はドライコンディションでセッションがスタートした。各車ともに順調に走り始めたのだが、開始15分を過ぎたところでヤン・マーデンボロー(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がS字出口でコースオフし赤旗中断。しかしダメージも少なく、回収後すぐにセッションが再開された。しかい45分を経過したところで大嶋和也がデグナー2つ目で飛び出し、2度目の赤旗。その再開直後には、マーデンボローはダンロップコーナー入り口でスポンジバリアに突っ込むアクシデントで、このセッションでは3回の中断となった。

赤旗の影響で、なかなかプログラムを消化できないところもあったようだが、残り30分を切ると早くも1分36秒台に突入。昨年チャンピオンの国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)が1分36秒821を記録すると、残り2分で関口が1分36秒549をマーク。昨年チャンピオン争いを繰り広げた2人が36秒台を叩き出してワンツーとなった。

©︎KANSENZYUKU

3番手には中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)、4番手に石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)と、チャンピオン経験者が続く上位リザルトに。ホンダ勢でのトップは6番手の中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)で1分37秒553。注目のピエール・ガスリーは10番手につけた。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る