【SGT】2017第1戦岡山:GT300はメルセデスAMG対決に、LEON CVSTOS AMGがPP獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©︎KANSENZYUKU

2017年のSUPER GT第1戦岡山。GT300の公式予選は、No.65LEON CVSTOS AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥)が激戦を制しポールポジションを獲得した。

今回は30台がエントリーしたGT300だが、GT500同様にQ1から波乱の展開。今回がデビュー戦となったNo.52埼玉トヨペットGreenBrave(番場琢)がアタック中にブレーキトラブルを起こしコースオフ。幸いタイヤバリア手前でマシンがストップしたが、赤旗中断となった。さらに午前中からトラブルに見舞われていたNo.7Studie BMW M6 GT3もシステム系のトラブルでコースインできず。Q1で姿を消すことになった。

ポールポジションが決まるQ2では、メルセデスAMG同士のアタック合戦に。最初にNo.65LEON CVSTOS AMG(蒲生尚弥)が1分25秒044のレコードタイムを記録。ライバルを圧倒する。その直後にNo.30TOYOTA PRIUS apr GT(永井宏明)がハイパーコーナー出口で脱輪。スピンを喫し、イン側のコンクリートウォールにクラッシュし赤旗中断。大きくマシンが損傷していたこともあり、約15分もセッションがストップすることとなった。

赤旗再開後は、これ以上タイムが出ないと睨んだ蒲生はマシンを降り、ピットで待機。No.4グッドスマイル初音ミクAMG(谷口信輝)やNo.25VivaC 86 MC(松井孝允)が迫ってきたが、結局蒲生のタイムを破ることはできずセッション終了。

自身にとってもチームにとっても嬉しい初ポールポジションを獲得した。2番手には4号車が続きメルセデスアMGがフロントロー独占。3番手には25号車が昨年王者の意地をみせ、3番手に食い込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る