【MSJ2017】今年はメーカー対抗カート大会が復活!12回目のモータースポーツジャパンが開幕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita

今年も東京・お台場を舞台にモータースポーツの祭典「MOTOR SPORT JAPAN 2017 Festival in Odaiba」が開幕。初日から前年を上回る53,894人が来場。大盛況の1日目となった。

©T.Yoshita ©T.Yoshita

©T.Yoshita ©T.Yoshita

2006年の初開催を皮切りに、今年で12回目を迎えたイベント。普段はなかなか接する機会が少ないモータースポーツやサーキットの雰囲気を少しでも身近に感じてもらうべく始まったイベントだ。

今年も日産、トヨタ、ホンダ、スバルなど国内外のメーカーがブースを出展。今年は新たにアウディも大きなブースを構え、先日のスーパー耐久でデビューしたTCRのRS3 LMSも登場していた。

©T.Yoshita ©T.Yoshita

特設走行エリアでは、今年も様々なイベントが開催され、ドリフトのデモンストレーションから全日本ラリーのSSを模したデモイベント。さらに恒例となっている日産、レクサス、ホンダによるピットストップコンテストが開催された。

©T.Yoshita ©T.Yoshita

©T.Yoshita ©T.Yoshita

その中でも、今日一番の盛り上がりをみせたのが、メーカー対抗のカートレース。数年前まで開催され人気を博していたが、今回は満を持しての復活。しかも、スーパーラップ方式での予選があったり、ドライバー交替時には積み木を組み立てるという特殊な課題も設けられるなど、運動会の障害物競走のような要素も取り入れられる、初心者のファンにとっても気軽に観られるイベント構成となっていた。

©T.Yoshita ©T.Yoshita

しかし、いざレースが始まると、各ドライバーともに真剣モードで、サーキットで実際にレースをしているような雰囲気に。中にはお台場に遊びに来ていたついでに来場した方も多く、その走りと独特の雰囲気に、つい見入ってしまっている人も多かった。

1日目のレースでは2ヒートともスバルチームが勝利。最後まで目が離せない白熱したバトルとなった。

©T.Yoshita ©T.Yoshita

また各ブースではレーシングカーや話題の市販車への乗り込み体験。また実物同様の体験ができるシミュレーターコーナーやドライバートークショーなど、1日だけでも回りきれないほどのコンテンツで盛りだくさんとなっていた。

この日はお昼すぎに雨がぱらついたものの、それ以外は暑さを感じるほどの陽気となり、客足も好調。昨年を4000人も上回る53,894人が来場。日曜日も天気が良ければ、さらなる来場が見込まれそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 毎年恒例となった、観戦席相関表(所要時間・距離・消費カロリー参考値)の2017年バージョン完成! …
  2. [table id=76 /]…
  3. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  4. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  5. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る