【SGT】2017第5戦富士:決勝レポート、ARTAが両クラス制覇!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©︎H.Yoshii

2017年のスーパーGT第5戦「FUJI GT300km RACE」の決勝が6日、富士スピードウェイで行われ、GT500クラスはNo.8ARTA NSX-GT(野尻智紀/小林崇志)、GT300クラスはNo.55ARTA BMW M6 GT3(高木真一/ショーン・ウォーキンショー)が優勝。ARTAが4年ぶりに両クラスで優勝を飾った。

曇り空の予選日から一転し、決勝前は真夏日のような暑さとなった富士スピードウェイ。決勝日は33,500人が来場。決勝レース前には、レッドブルエアレースで活躍中の室屋義秀選手によるフライトパフォーマンスを行われ、例年担い盛り上がりを見せた。

GT500クラスは、今季3度目のポールポジションを獲得した8号車がスタートからトップを死守。今回こそ速さを見せつけたいという思いで走っていた野尻が、序盤から後続を引き離していった。

©︎H.Yoshii

これを追いかけたのが、No.23MOTUL AUTECH GT-Rと、No.36au TOM’S LC500。特に今回のレクサス勢は燃料リストリクター制限が第2段階に突入し、ストレートでの勝負では不利になっていたが、テクニカルなセクター3でタイムを縮め、特に前半スティント後半では23号車に食らいつくパフォーマンスを披露した。

8号車の野尻は後続に10秒以上のリードを築いて、31周を終えてピットイン。小林崇志が後半スティントを担当する。走り出しは思うようにペースが上がらず、2台に接近されるが、リズムを取り戻すと再び7秒近いリードを築き、待望の初優勝に向けて周回を重ねていく。

一方、2番手以下は23号車がポジションをキープするが、その後方にNo.38ZENT CERUMO LC500が3番手に上がり、特に終盤は23号車の松田次生と、38号車の石浦宏明による接近戦のバトルとなったが、松田がマシンをスライドさせながらポジションを死守していった。

レースも終盤に入り、8号車の優勝が確実かと思われたが、残り5周でバックマーカーを追い抜こうとした際に、ラインを外し、あわやコースオフというシーンも。なんとか立て直すものの、タイヤカス等の影響でペースが上がらず、ファイナルラップに入るところで、23号車に2秒差に迫られるが、最後はしっかりとトップを死守しチェッカーフラッグ。8号車としては4年ぶりに優勝を飾り、ついにレクサス勢の連勝をストップさせ、ホンダNSX-GTが今季初優勝。陣営としても2015年第6戦以来、2年ぶりの勝利となった。

2位には23号車が入り、今季初表彰台。3位には燃料リストリクター制限がありながらも安定した走りを見せた38号車がつけた。

©︎H.Yoshii

GT300クラスは、こちらもポールポジションからスタートしたNo.55ARTA BMW M6 GT3が序盤から高木真一が積極的にリードを広げ、独走状態を築いていく。35周まで引っ張ってピットインし、ウォーキンショーに交代すると、後続の追い上げにも動じず最後まで安定したラップタイムで周回。見事ポール・トゥ・ウィンを果たした。2位にはNo.4グッドスマイル初音ミクAMGが入り、これでランキングトップに浮上。3位にはNo.31TOYOTA apr PRIUS GTが続き、今季初表彰台を手にした。

終わってみれば、ARTA勢が両クラスで優勝を飾り、終盤の雨で大荒れの展開となった2013年第4戦SUGO以来、4年ぶりの快挙。もちろん、両クラスでの“ポール・トゥ・ウィン”は初めてのことで、鈴木亜久里監督もパルクフェルメでドライバーに抱きつきながら喜びを分かち合っていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る