【SF】2017第4戦もてぎ:波乱のレースを制し、ピエール・ガスリーが待望の初優勝!

©︎H.Yoshii

2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の第4戦がツインリンクもてぎで行われ、ピエール・ガスリー(TEAM無限)が参戦4戦目で初優勝を飾った。

©︎H.Yoshii

シリーズ後半戦を迎えた今回のもてぎ戦は、昨年同様に2スペックのスリックタイヤが導入されることになり、通常使っている「ミディアム」タイヤと、新しく開発されたソフトタイヤが導入。今回のソフトタイヤはグリップが上がっている分、劣化が早い仕様になっている。今回は3セットのソフトタイヤが使える他、新品ソフトのみは金曜日から使用可能。タイヤのスクラブをするチームなど、いきなり戦略が分かれるフリー走行となった。

©︎H.Yoshii

19日(土)15時00分から開始予定だった公式予選だが、直前になって発達した雨雲が上空に接近。ポツポツを雨が降り始める状況の中で、各車がソフトタイヤを装着してピット出口に一気に並ぶ。グリーンシグナルが点灯すると、一斉にコースインし一目散にタイムアタックに入っていくが、1周目でアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)が90度コーナーでコースオフした他、マシンがスライドして十分にアタックできないドライバーも数多くあった。

©︎H.Yoshii

開始5分を過ぎると、路面上もウエットコンディションになり、各車がピットイン。特にQ2進出圏内に進めていなかった塚越広大(REAL RACING)、山本尚貴(TEAM MUGEN)、石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)、国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)、大嶋和也(SUNOCO TeamLeMans)がウエットタイヤを履いてタイム更新を狙うが、雨量は強くなる一方で、各車ともにタイム更新はできずQ1が終了。石浦、国本、山本と言ったランキング上位メンバーがQ1で姿を消す波乱の展開となった。

そのままQ2も定刻で開始する予定だったが、天候はさらに悪化。お昼とは思えないくらいの暗闇となり、視界不良のためQ2ディレイが宣言。その後、土砂降りの雨となり、この日のQ2以降のセッションは全てキャンセルされることになった。

Q1ではニック・キャシディ、山下健太のKONDO RACING勢がワンツーを独占し、Q1の結果が採用されればフロントロー独占になるかと思われたが、Q2・Q3は日曜日の朝に順延して行うことが決定。彼らは、ポールポジションをかけて、再び明日の朝に予選を行うことになった。

©︎H.Yoshii

順延され、日曜日の朝10分間のフリー走行直後に行われた予選Q2・Q3。

そのQ2ではトムス、インパルなど強力どころが次々と脱落するなどの波乱となった。最後のQ3でポールポジションを射止めたのは山下健太(KONDO RACING)が自身初のポールポジションを獲得。2番手に小林可夢偉(KCMG)、3番手に野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が入った。

お昼に一度雨が降ったものの、午後の決勝はドライコンディションに。今回はソフトタイヤとミディアムタイヤの2種類が用意され、その両方を一度ずつ使用しなければならない。

その中で、予選トップ3は順当にソフトタイヤを選択し、逃げていく作戦。4番手以降のにピエール・ガスリー(TEAM無限)、ニック・キャシディ(KONDO RACING)、フェリックス・ローゼンクヴィスト(SUNOCO TeamLeMans)はミディアムタイヤを装着しグリッドについた。

©︎H.Yoshii

スタートでは、可夢偉が好ダッシュをみせトップで1コーナーへ。野尻、山下、ガスリーと続いていく。一方後方では、早くもミディアムとソフトで白熱したバトルが繰り広げられ、ソフトタイヤを履くドライバーがアグレッシブに攻め込んでいくシーンがなんども見られた。

特に塚越広大(REAL RACING)は2ストップ作戦を選択。軽めの燃料とソフトタイヤで何度もオーバーテイクシーンを見せ、ファンを沸かせた。

©︎H.Yoshii

10周目を過ぎると、特にソフトタイヤでスタートしたドライバーたちは続々とピットイン。しかし、トップを走る可夢偉はソフトタイヤで粘り続け、10秒以上の大量リードを築く。何事もなければ、そのままスーパーフォーミュラ初優勝かと思われたが、34周目のピットストップで右リアタイヤの交換が手間取ってしまい、大きくタイムロス。2番手に後退してしまう。

©︎H.Yoshii

ここでトップに立ったのがガスリー。実はミディアムタイヤで安定したラップタイムを築き、ピットストップで野尻と山下を逆転していたのだ。さらに可夢偉の後退と、路面コンディションが良くなったレース後半でソフトタイヤを装着したことで、さらに後続との差は広がり、終盤には15秒以上の大量リードを築いた。

©︎H.Yoshii

終盤になっても、後方でオーバーテイクのバトルが続いたが、終始完璧なレースを見せたガスリーが、そのままトップチェッカー。待望のスーパーフォーミュラ初優勝を飾った。

2位には可夢偉が入り、2年ぶりの表彰台を飾るも悔しい結果に。3位には、今回も戦略面で他を圧倒する走りを見せたローゼンクヴィストが2戦連続での表彰台を獲得した。

また4位には予選17番手から驚異の追い上げを見せた石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)が入り、ランキングでもトップを死守した。

©︎H.Yoshii

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る