【FormulaNippon】第6戦SUGO:トップ3ドライバーコメント

優勝:伊沢拓也(DOCMO TEAM DANDELION RACING)
「本当に嬉しいの一言に尽きます。チームが用意してくれたクルマが良かったので、それを信じて走るだけでした。途中周回遅れに引っかかってイライラする場面もありましたが、そこも自分自身で上手くコントロールできました。昨日のポールもそうだったのですが、初優勝だけれど気持ち的には落ち着いていて、最初から自分とチームがイメージした通りの形で週末を進めることができました。チャンピオン争いに残ることが出来ましたが、最終戦でも僕は優勝が必須になってくると思うので、細かいことは気にせず攻めていきたいです。」

2位:塚越広大(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
「ずっと2番手でのレースだったので、常に視界が悪い中でのレースでした。前半は自分のペースが良かった感じで身を削りながら攻めていったのですが、ちょっと行き過ぎでコースアウトしてしまう場面もありました。後半はデュバル選手が迫ってきているのは分かっていたので、常にプッシュし続けました。最後は苦しい感じでしたが、クルマを信じてチェッカーまで走れました。チャンピオンシップは一貴選手と1ポイント差の2位ですが、ポイントの事は意識していないです。自分自身はもっと勝ちたいですし、勝ってチャンピオンを決めたいので、鈴鹿の2レース両方とも勝ちを狙いに行きます。」

3位:ロイック・デュバル(Team KYGNUS SUNOCO)
「予選では自分のミスで7位に沈んでしまった。そこからのスタートで3位という結果はベストだと思う。今日は本当にタフなレースだった。雨で視界が悪く、前が何も見えない状態でのレースだったし、周回遅れのマシンに引っかかる場面も多くて少しフラストレーションが溜まった。ただ終盤にセーフティカーが入った時はラッキーだと思い、リスタート時に塚越を抜こうとプッシュしたけど、やはり視界が悪くて近づくことはできなった。でも今回の3位は嬉しい、チームにとっても良かったと思う。」

村岡監督(DOCMO TEAM DANDELION RACING)
「ワンツーは当然嬉しいです。先に塚越が勝ちましたが、その後も伊沢と2人で切磋琢磨して今回伊沢が勝つことが出来ました。欲を言えばライバル達がノーポイントで終わってくれれば(我々が有利な状態で最終戦を迎えられるので)良いなと思いました。でも逆に最終戦に向けてやりがいがある状況になったので、我々としては次回の鈴鹿がとても楽しみです。やはり相手に追いつき追い越すというスタイルが我々にも若い2人のドライバーにも似合っているのでは無いかと思います。最終戦は頑張ります。」

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る