【F1】ヘレス合同テスト1日目(2月5日):今年初の合同テストはバトンが最速!

Vodafone McLaren Mercedes
[Photo:Vodafone McLaren Mercedes]

2013年シーズンの開幕に向け、現地時間の5日(火)からスペインのヘレスサーキットで公式合同テストがスタートした。

今回の今季参戦を予定している11チームが参加、うちウィリアムズを除く10チームが先日発表した今年仕様の新マシンを持ち込み、準備に取り掛かった。現地時間の午前9時から始まったテスト走行セッション。気温6℃、路面温度11℃と日本同様に寒いテスト初日となったが、晴天に恵まれ、各チームが新車のデータ収集等を行った。

この日のトップタイムを叩きだしたのは、マクラーレンのジェンソン・バトン。走りだし直後にマシントラブルでコース上に止まってしまい、その後しばらくはガレージ内での作業が続くなど、初日から不安材料を抱えてしまったかに思われたが、午後になって再び走行を再開し、1分18秒861を記録。2位タイムだったマーク・ウェバー(レッドブル)に0.9秒の差をつけた。

3位にはロマン・グロージャン(ロータス)が入り1分19秒709。昨日、このヘレスで新車発表を行ったメルセデスAMGはニコ・ロズベルグがステアリングを握ったものの、マクラーレンと同じく朝早い段階でトラブルに見舞われ、わずか14周で初日のテストを終了した。

このヘレスサーキットでの合同テストは、2月8日(金)まで行われる予定だ。

『記事:吉田 知弘』

【ヘレス合同テスト1日目(2月5日)結果】
1位:ジェンソン・バトン(マクラーレン)1分18秒861
2位:マーク・ウェバー(レッドブル)1分19秒709
3位:ロマン・グロージャン(ロータス)1分19秒796
4位:ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)1分20秒343
5位:ダニエル・リチャルド(トロ・ロッソ)1分20秒401
6位:フェリペ・マッサ(フェラーリ)1分20秒536
7位:ニコ・ヒュルケンベルグ(ザウバー)1分20秒699
8位:ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)1分20秒846
9位:パストール・マルドナド(ウィリアムズ)1分20秒864
10位:ギド・ヴァン・デ・ガルデ(ケータハム)1分21秒915
11位:マックス・チルトン(マルシャ)1分24秒176
(リザルト:ヘレスサーキットより)

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る