【WEC】2013第1戦シルバーストン:2号車アウディが総合優勝、可夢偉はLM GTE Proクラス2位

©DPPI MEDIA ©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

今年もル・マン24時間耐久レースや富士6時間耐久などがシリーズに組み込まれているWEC(世界耐久選手権)が開幕。4月14日にイギリス・シルバーストンで第1戦の決勝レースが6時間耐久で争われた。

ウエットコンディションになった前日の予選でポールポジションを獲得したのはアレキサンダー・ブルツ/ニコラ・ラピエール組の7号車トヨタTS030。8号車も2番手に続き、アウディ本命と言われている中、トヨタ勢がフロントローを独占した。

しかしスタートが切られると一転し、序盤から王者アウディ勢が主導権を握る。開始10分も経たないうちにトム・クリステンセン/ロイック・デュバル/アラン・マクニッシュ組の2号車アウディR18がトップに立つとアンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ/マルセル・ファスラー組の1号車が続き、あっという間にアウディのワン・ツー態勢が築かれる。その後、ロッテラーが乗る1号車がトップを奪いリードを広げていくがハイブリッドの駆動関係にトラブルを抱え、思うようにペースが上げられない。2台の争いは最終スティントまでもつれ込む接戦となり、残り5分というところで2号車のアンカーを務めたマクニッシュが逆転。そのままチェッカーを受け、開幕戦は2号車アウディR18に軍配が上がった。

トヨタTS030はアンソニー・デビッドソン/セバスチャン・ブエミ/ステファン・サラザン組の8号車が3位に入ったが、アウディ勢から1周遅れでのゴールになるなど、課題が残るレースとなってしまった。

©DPPI MEDIA ©DPPI MEDIA

またLM GTE Proクラスに参戦する小林可夢偉/トニ・バイランダー組のフェラーリ458(AFコルセ)は、クラス最下位からのスタートになりながらも、周回を重ねる度に順位を上げ、2時間を経過したところで3位に浮上。トップを快走するブルーノ・セナが乗り込んだアストンマーティンには届かなかったものの、最終的にクラス2位に上がってフィニッシュ。170周を走破し総合15位という結果に終わった。今回も小林可夢偉公式Webサイトでは彼のレース後動画コメントが配信されている。

次回のWECは5月3・4日に第2戦がベルギーのスパ・フランコルシャンで開催される。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る