【SF】「SF14」フォトギャラリー&マシンスペック

©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

■SUPER FORMULA “SF14” スペック (2013.7.10現在)※スーパーフォーミュラ公式サイトより
○シャシー
車両開発コンセプト Quick & Light(俊敏&軽量)
車両製作 ダラーラ・オートモービル社(イタリア)
全長 5268mm
ホイールベース 3165mm
全幅 1900mm
全高 950mm
重量 650kg(ドライバー搭乗時)
ギアボックス リカルド社 前進6速、ザイテック社 パドルシステム
ブレーキ ブレンボ社 キャリパー、ブレンボ社 ディスク(カーボン製)
フロントタイヤ ブリヂストン社 235/55R13
リアタイヤ ブリヂストン社 340/620×13
モノコック アルミ/ノーメックスハニカム入りカーボン/ザイロン複合材コンポジット
ボディワーク ノーメックスハニカム入りカーボンコンポジット
ステアリングシステム カヤバ社 電動パワーステアリングシステム
フロントサスペンション形式 プッシュロッド トーションバースプリング
リアサスペンション形式 プッシュロッド
安全基準 FIA 2010 F1規定に基づく

○エンジン
エンジン製作 本田技研工業(株)、トヨタ自動車(株)
気筒数 直列4気筒
燃料噴射システム ダイレクトインジェクション
過給器 ターボチャージャー(ワンメイク)
排気量 2000cc
出力 550hp
重量 85kg
出力制限方法 燃料流量制限の実施

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

Photo:©KANSENZYUKU

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る