【SGT】2015第3戦タイ:VivaC 86 MCが初ポールポジションを獲得!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2015SUPER GT第3戦タイ。GT300クラスの予選はNo.25 VivaC 86 MC(土屋武士/松井孝充)が見事初のポールポジションを獲得した。

 気温35℃、路面温度は60℃にも迫る灼熱のコンディションとなった予選。今年から土屋武士率いるチームが久々にSGTへ参戦。今回は3レース目ということもあり、本人も「少し攻めこむ」と語っており自信満々。今までは土屋自身がQ1を担当していたが、今回は松井が担当。トップタイムこそ獲得は出来なかったが、しっかりQ1突破の任務を達成しピットに戻ってきた。

 続くQ2も、午前中から好調の日産GT‐R勢を中心にタイムが伸びていく。そんな中、最後の最後までタイムアタックのチャンスをズラしていた土屋。ライバルが一通りタイムを出し切ったところでタイムアタックへ。区間でもベストタイムを更新。最後は0.073秒差で見事ポールポジションを獲得した。2番手にはNo.3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/高星明誠)、3番手にはNo.10 GAINER TANAX GT-R(アンドレ・クート/富田竜一朗)が入り、GT-R勢が今回も上位を占めた。

 今年から導入されたマザーシャシー勢としては初のポールポジション。土屋自身はGT300でおよそ16年ぶりの獲得だった。

 決勝レースは日本時間の21日17時00分から。このままマザーシャシーの86が逃げ切れるのか?それとも日産GT-R勢が逆転をみせるのか。GT300クラスも目が離せない。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る