【SGT】2015第5戦鈴鹿:ロータス・エヴォーラが初ポールポジションを獲得!

©KANSENZYUKU

2015年のSUPER GT第5戦鈴鹿1000km。GT300クラスの公式予選はNo.2 シンティアム・アップル・ロータス(高橋一穂/加藤寛規/濱口弘)がポールポジションを獲得した。

気温27度、路面温度32度と例年の夏の1000kmとは異なるコンディションの中で予選がスタート。気温や路面温度が低い分、タイムも向上しQ1から昨年のポールポジションタイムに匹敵するタイムを各車が続々だし、NO.31 TOYOTA PRIUS apr GT(中山雄一)が1分59秒077でトップ通過を果たす。一方、ランキング上位のNo.3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/高星明誠/ウォルフガング・ライプ)は76kgのウェイトハンデが影響しQ1で姿を消した。

続くQ2でもJAF-GT、マザーシャシー勢が速さをみせる。特に今回はNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)が1分59秒060を記録、予想通りPPかと思われていたが、それを遙かに上回るタイムを出したのが2号車のロータス・エヴォーラ。Q1は第3ドライバーでスポット参戦した濱口、Q2はエースの加藤がアタックし昨年のPPタイムを大きく上回る1分58秒248を記録。スバルBRZに1秒近い差をつける。これにFIA-GT3勢も対抗。No.10 GAINER TANAX GT-R(アンドレ・クート/千代勝正)が1分58秒600、No.7 Studie BMW Z4(ヨルグ・ミューラー/荒聖治)も1分58秒954まで縮めてくるがトップタイムには及ばずチェッカーフラッグ。ロータス・エヴォーラが参戦5戦目にして初のポールポジションを獲得した。2番手には10号車ゲイナーGT-R、3番手には7号車StudieBMWがそのまま入った。

予選ではロータスが圧倒的な速さを見せつけたが、1000kmで強さを発揮しそうなチームが上位に名を連ねており、明日のレースは最後まで目が離せない展開になりそうだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る