【SGT】2015第5戦鈴鹿:No.1 MOTUL AUTECH GT-Rが驚速ラップ!1分47秒台でPP獲得!

©KANSENZYUKU

2015年のSUPER GT第5戦鈴鹿。注目の公式予選が29日に行われ、No.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)がコースレコードを塗り替える1分47秒630でポールポジションを獲得した。

分厚い雲に覆われた中で始まった予選。通常なら真夏日の中で行われるが、今年は気温27度、路面温度32度と予想以上に低下。逆に気温が低くなったこともありタイムが大幅に向上。各車がタイムアタックに突入していくが、ちょうどアタックに入ろうかというところでNo.6 ENEOS SUSTINA RC F(国本雄資)がコースオフ。残り3分というところで赤旗中断となってしまった。主催者の判断で残り5分まで戻されてセッションが再開されると、いきなり1分47秒台の争いに。No.46 S Road MOLA GT-R(柳田真孝)が1分47秒749でトップ通過。第3戦タイでのPP以降絶好調のNo.38 ZENT CERUMO RC F(石浦宏明)が0.192秒差で2番手に続く。また全体的に僅差の戦いとなり、トップから8番手のNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)までが0.8秒差で一番重いウェイトを積みながらもQ2へ進出。No.36 PETRONAS TOM’S RC F(伊藤大輔/ジェームス・ロシター)はわずか0.002秒差でQ1脱落となってしまった。

続くQ2。ここで一発の速さをみせたのが、現在ランキング2位のNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)。従来のコースレコードを更新する1分47秒630を叩き出す。これにライバルたちも更新を狙うが全く手が届かない。そして最多ポール更新を目指す38号車の立川祐路も果敢にアタックを試みるが、僅かに0.152秒及ばず2番手。ここでチェッカーとなり1号車が今季2回目のポールポジションを獲得した。

なお3番手にはNo.64 EPSON NSX CONCEPT-GT(中嶋大祐/ベルトラン・バゲット)が入り、序盤戦での不振を挽回。またウェイトハンデがないことも有利に働き好グリッドを獲得した。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る