【スーパー耐久】2016開幕戦もてぎ:逆転に次ぐ逆転のバトルを制し、スリーボンド日産自動車大学校GT-Rが優勝!

©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

2016年のスーパー耐久の開幕戦「もてぎ5時間耐久レース」の決勝が3日、ツインリンクもてぎで行われた。

年々参戦台数が増えているスーパー耐久。今回は全6クラスで62台がエントリー。このうち数年前に新設されたFIA-GT3マシン主体のST-Xクラスには11台が参加。例年以上にレベルの高いシーズンがスタートした。

©S.Nakagawa ©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

予選ではNo.5Mach MAKERS GTNET GT-Rがポールポジションを獲得。No.32Clearwater Racing by Mooncraft Carsのマクラーレン650Sがフロントローにつけた。GT-R対マクラーレン650Sの対決に注目が集まったが、いざスタートすると5号車を駆る星野一樹が先行。No.24スリーボンド日産自動車大学校GT-Rのスタートドライバーを務めた藤井誠暢が2番手に浮上。1周目から後続を一気に引き離していく。両者ともにSUPER GTで実績のあるドライバー。他クラスのマシンとの混走を巧みに利用しながら星野は逃げようとするが、藤井もしぶとくついていき、第1スティントからGT-R同士のトップ争いが白熱した。

©S.Nakagawa ©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

しばらく順位変動はなくこう着状態が続いたが、1時間を経過して1回目のピットストップで明暗が分かれる。先に入った24号車が藤井から平峰一貴にバトンタッチ。チームもノーミスで再びコースへ送り出す。直後に入ってきた5号車は前日の予選PPの立役者でもある藤波清斗が乗り込むが、痛恨のエンジンストール。大きくタイムロスを喫してしまい24号車にトップを明け渡してしまう。

それでも藤波は諦めることなく猛追。2時間を経過するところで24号車の平峰を捉え混走をうまく利用しパス。再びトップを取り戻した。これで再び追いかける展開になった24号車だが、3番手で控えていた内田優大が中盤で大活躍。5号車を再び抜き返すことに成功する。まさに抜きつ抜かれつの攻防戦となったST-Xトップ争い。誰もが終盤まで2台のバトルがもつれるのではないかと感じていた。

ところが、3時間経過時点で2番手を走行していた5号車にドライブスルーペナルティが課されてしまう。直前の2回目のピットストップでピット作業違反(給油中にタイヤ交換)があったという裁定が下されたのだ。

©S.Nakagawa ©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

これで一気に楽な展開となった24号車だが、最後まで気を緩めることなく着実に周回。最後は再び平峰がステアリングを握り、見事トップチェッカーを受け、今シーズンの開幕戦を制した。2位には5号車、3位にはNo.3ENDLESS・ADVAN・GT-Rが入り、終わってみればGT-R勢が表彰台を独占した。

優勝した24号車は、近藤真彦氏が率いるKONDO RACINGと日産自動車大学校がコラボし2012年に誕生したチーム。「若者のクルマ離れに歯止めをかけたい」という関係者の思いから立ち上がったプロジェクトでもある。レースウィーク中は授業の一環として実際に学生たちがチームの一員として作業を行い、簡単なメカニック作業からホスピタリティ、広報関係までの業務をサポートしている。

©S.Nakagawa ©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

この日は近藤監督も現地で指揮をとり、レース後がドライバー、チームスタッフ、そして週末頑張った学生たちと喜びを分かち合っていた。シーズン前にも「今年はいけそうな予感がする」と自信を見せていた近藤監督。悲願のシリーズチャンピオン獲得に向けて幸先の良いスタートを切った。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る