【SF】2016第7戦鈴鹿:大人気のストフェル・バンドーン、サイン攻めの嵐に!イベントにトークショーに予選日は盛況!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

鈴鹿サーキットで開幕した2016スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿。初日からピットウォークやトークショーイベントなどで盛り上がった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

シリーズの中でも熱狂的なファンが集まる鈴鹿ラウンドだが、今回スーパーフォーミュラでのラストランとなるストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)にサインを求めるファンが殺到。ピットウォークでは隣の隣のチームまでサイン待機列が伸びるほど。さすがに、これにはバンドーンも一瞬驚いていたほか、チームメイトの野尻智紀もスマートフォンを取り出して、その様子を撮影するほど。ピット裏でも今シーズン一番と言っていいほど多くのファンでごったがえしていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

その他にも今回は通常より長めにピットウォークの時間が設けられていたため、参加したファンはドライバーからサインをもらったり、チームグッズを受け取ったりしていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

GPスクエアのオフィシャルステージではドライバートークショーや監督トークショーなどが開催。さらにゲストを招いて予選の展望を占うトークショーなど毎回大盛況。また今回はTOYOTA GAZOO RACING PARKも登場しステージコンテンツはもちろん、SFマシンのエンジン始動やシミュレーター体験など、1日満喫できるイベント盛りだくさんとなっていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

また今回から新型NSXのセーフティカーが登場。ピットウォークなどで姿をみせると、周りにファンが集まり注目度の高さがうかがえた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

天気予報では明日も晴れになる予定で、少し肌寒いものの絶好のレース観戦日和になりそう。また2レース制となっているため朝から夕方までレースが楽しめる1日となりそうだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る