【F1】バルセロナテスト前半が終了、1日目はベッテル、2日目はヒュルケンベルグがトップタイム

F1 Testing, Barcelona, Spain 21-24 02 2012
[2日目にトップタイムを出したヒュルケンベルグ(Photo:ForceIndia)]

開幕まで1ヶ月を切ったF1世界選手権。ヨーロッパでは2回目の公式合同テストが21日~24日の4日間の日程で始まった。
今回、合同テストで使用するコースは、スペインGPの舞台にもなるバルセロナ・カタロニアサーキット。中速・高速コーナーが多いレイアウトで、マシンの性能分析をするのに適しているサーキットと言える。
既に、2日目までが終了し、1日目は王者セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が1分23秒265、2日目はニコ・ヒュルケンベルグ(フォースインディア)が1分22秒608でトップタイムを記録した。

各チームともに、各種類のドライタイヤで決勝レースを想定したロングラン走行を行うなど、ヘレステスト同様にタイヤの習熟やマシンの性能確認に時間を割いている。
また、全開のヘレスでは旧型マシンを使用していたメルセデスAMGが新車「W03」を投入、ミハエル・シューマッハとニコ・ロズベルグが精力的にテストを行った。

しかし、ここにきて大きなトラブルに見舞われたチームもある。前回ヘレスで好調な走りを見せていロータスだ。
初日はロマン・グロージャンが担当したが、走り出してすぐにマシントラブルが発生。7周のみの走行で初日を終えた。その後、チームはシャシー(マシン本体)の構造的な部分で大きな問題があり、バルセロナでのトラブル解決は不可能と判断。2日目以降のテストスケジュールをキャンセルし、イギリスの本拠地に急遽戻った。

前回ヘレスではライコネンも初日にトップタイムを記録するなど、好調な様子だっただけに、今回のテスト欠席は開幕戦に向けて大きく影響しそうだ。

テスト後半戦となる3日目・4日目には小林可夢偉(ザウバー)も走行を予定している。

バルセロナ1日目

バルセロナ2日目

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る