【F1日本GP】ライコネン、シューマッハ、ベッテルの「ドライバー応援席」の設置が決定!

ライコネン表情
[キミ・ライコネン(Photo:Louts F1 Team)]

いよいよ、3月3日から鈴鹿サーキットで“先行販売”という形でチケットの発売が開催される2012年のF1日本グランプリ観戦チケット。発売開始を前に、小林可夢偉応援席の他にも、新たにドライバー応援席が設置されることが28日、株式会社モビリティランドから発表された。

追加で用意される応援席は、2年連続王座を獲得し、今季もチャンピオン最有力候補といわれているセバスチャン・ベッテル(レッドブル)、過去最多7度のワールドチャンピオンを獲得し、鈴鹿でも6勝を挙げているミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)、そして今季久しぶりにF1に復帰する2007年王者のキミ・ライコネン(ロータス)の応援席だ。

【新たに追加されたドライバー応援席】
■キミ・ライコネン応援席
R席(最終コーナー)
大人:46,000円
◆ミハエル・シューマッハ応援席
S席(最終コーナー、メインストレート寄り)
大人:39,000円
●セバスチャン・ベッテル応援席
V1-1席(グランドスタンドスタンド下段、1コーナー寄り)
大人:64,000円

<<注意事項(鈴鹿サーキットリリースより)>>
※各席数限定販売となります。完売になり次第終了となります。
※応援グッズは決まり次第発表いたします。
※3月3日(土)F1先行販売より販売開始いたします。
※鈴鹿F1チケットサイトにて限定販売となります。
※応援席は、各ドライバーが事情によりF1日本GPに出場できない場合でも成立いたしますので、あらかじめご了承ください。

IMG_3072 IMG_3778 

[左:ミハエル・シューマッハ、右:セバスチャン・ベッテル]

このドライバー応援席は、3月3日・4日の鈴鹿サーキット50周年ファン感謝デーでも先行販売される。各ドライバーのファンにとっては、見逃せないチケットになるだろう。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る