【F1】オーストラリアGP公式予選:ハミルトンが開幕戦PPをゲット!マクラーレン勢がフロントロー独占

McLaren Mercedes
[Photo:McLaren Mercedes]

2012年のF1開幕戦オーストラリアGPの公式予選がメルボルン・アルバートパークサーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)が1分24秒922のタイムを記録、自身20回目のポールポジションを獲得した。

Q1、Q2ともに安定した速さをキープし、Q3に進んだハミルトンは1回目のタイムアタックで1分24秒922をマーク。そのタイムにライバル達が挑戦するも、最終的に誰も上回る事が出来ず、ポールポジション獲得が決まった。

開幕戦でのポールを決めたハミルトンは「もう一度勝利を手にするために、チームの皆が諦めずに、冬の間は一生懸命仕事をしてくれた。そして今日、“F1で最も美しいクルマは、最も速いんだ”ということを証明することが出来た。もちろん、明日の決勝に向けてやらなければいけないことはたくさんある。おそらくタイヤマネジメントがキーポイントになるだろう。でも、明日のレースを有利に進めることができるポジションを僕達は手にした。」とコメント。

2位にはチームメイトのジェンソン・バトンが入り、マクラーレンが2008年のハンガリーGP以来となるフロントロー(最前列)独占を決めた。

マクラーレン勢が躍進した一方で、今季もチャンピオン獲得最有力候補として注目されているセバスチャン・ベッテル(レッドブル)はQ3でタイムを伸ばせず6位、名門フェラーリチームは、Q2でのコースアウトが響いたアロンソが12位、マッサが16位とQ2敗退。3年ぶりのF1復帰で注目を集めているキミ・ライコネン(ロータス)は、18位とQ1で脱落。明暗の分かれる開幕戦の予選となった。

また、唯一の日本人ドライバー小林可夢偉(ザウバー)は、Q1でトップタイムを叩きだす活躍を見せたが、Q2ではトップ10に一歩届かず12位で予選を終えた。昨年も後方グリッドからレース戦略を工夫して上位争いに加わってくるレースを見せていただけに、明日の追い上げに期待したい。

オーストラリアGP(予選結果)

昨年はライバルの王者セバスチャン・ベッテル(レッドブル)に負けるレースが多かったハミルトン。自身2度目のチャンピオン獲得の第一歩となる開幕戦の決勝レースで、どのような展開を見せてくれるのか。決勝は日本時間の18日(日)15時00分からスタートする。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る