【FormulaNippon】第3戦オートポリス(決勝):塚越広大が初優勝!ダンデライアンがワン・ツー・フィニッシュ!

12-05-27_0949
『写真:中村写真事務所』

フォーミュラ・ニッポン第3戦オートポリスの決勝が27日、大分県のオートポリスインターナショナルサーキットで行われ、ポールポジションからスタートした塚越広大(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が終始トップを快走し、初優勝を飾った。

気温22度で晴天に恵まれたオートポリス。自身2度目となるポールポジションからスタートした塚越は、順調に1位で1コーナーを通過。2位の松田次生(TEAM IMPUL)が出遅れ、4番手スタートの伊沢拓也(DOCMO TEAM DANDELION RACING)が2位を奪い、序盤からダンデライアンの1-2体制でレースが進んでいく。

12-05-27_0733
『写真:中村写真事務所』

一方、後方でスタート直後から波乱が起き、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(TEAM IMPUL)、嵯峨宏紀(TOCHIGI LeBeausset Motorsports)、折目遼(SGC by KCMG)が絡むアクシデントが発生。2戦連続で表彰台フィニッシュを果たしてきたデ・オリベイラが早々にリタイヤを余儀なくされる。また、12周目には第2戦もてぎで勝利したアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)がマシントラブルでこちらもリタイヤ。現在ランキングトップの中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)も上位争いになかなか食い込めず厳しいレース展開を強いられる。第3戦オートポリスは優勝候補が次々と脱落していく波乱のレースとなった。

トップを快走するダンデライアン2台は、ライバル達とは異なりレース後半まで給油せずに引っ張る作戦を選択。37周目に伊沢、39周目に塚越がピット作業を終えるが、後続に十分なリードを保ってコースに復帰。特に塚越は序盤からチームメイトであり先輩の伊沢を引き離す快走をみせ、ゴールまで1度もトップの座を脅かされる事のないまま、嬉しい初優勝のチェッカーを受けた。

12-05-27_1530
『写真:中村写真事務所』

2位には、そのまま伊沢が入り、ダンデライアンがワン・ツー・フィニッシュを飾り、強さを見せつけた。3位にはロイック・デュバル(Team KYGNUS SUNOCO)が入り、フォーミュラ・ニッポン復帰後で初の表彰台を獲得。

12-05-27_1648
『写真:中村写真事務所』

昨年のオートポリスでもPPかスタートしていながら、優勝できなかった塚越。また開幕戦鈴鹿でもマシントラブルで100%の走りができず、昨年のオートポリス同様に中嶋一貴にトップを奪われてしまった。
パルクフェルメに戻ってきた塚越は満面の笑みをみせ、悲願の初優勝をチームと共に喜んだ。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る