【SUPER GT】第5戦(GT300予選):デビュー2戦目の無限CR-Zが繰り上がりPP!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

GT500クラス同様にノックアウト方式で行われたGT300の公式予選はQ1からtriple a Vantage GT3(吉本大樹/星野一樹/吉田広樹)が圧倒的な速さを見せた。

Q1からライバル0.9秒の差をつけ、Q2でもトップタイムをマーク。アストンマーティンの今季初PPは確実かと思われたが、デビュー2戦目の無限CR-Z(武藤英紀/中嶋大祐)がPPの座を揺るがす。

デビュー2戦目とは思えない戦闘力でQ3に進出すると、Q3開始早々に武藤英紀が2分02秒130を叩き出し、コースレコードを更新。これには星野のアタックを見守っていた吉本も「あの速さは信じられなくて、ひっくり返りそうになった」と振り返るほど、ライバルに対して大きなプレッシャーを与えるアタックを披露した。

しかし、ここまで絶好調のアストンマーティンも負けずにタイムアタック。星野一樹が2分02秒078を記録し、わずか0.052秒上回りポールポジションを獲得した。

ところが夕方になって事態は急変。予選後の車検で66号車アストンマーティンの燃料タンクに違反があったことが判明し、予選タイム抹消。なんと繰り上がりで無限CR-Zが初のポールポジションを獲得することになった。

ハイブリッドカーとしてはシリーズ初。さらに初走行から2ヶ月も経っていないマシンのポールポジションという快挙を成し遂げた。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る