【SUPER GT】ポッカ1000km決勝速報(5):KEIHIN HSV-010が130Rで大クラッシュ!2度目のSC導入

4年ぶりに復活したポッカ1000km。スタートから各車にトラブルが発生するなど「魔物」が牙をむいている鈴鹿サーキット。

残り20周を切ったところで、KEIHIN HSV-010の塚越広大が130Rで大クラッシュ。今回2度目のセーフティカーが導入された。
レース中盤、トップ快走中にタイヤがバーストして緊急ピットイン。マシンを修復して再度プッシュをかけ、7位に浮上したところだった。

幸い塚越は意識があるということだが、FROの手を借りてマシンから脱出。現在メディカルセンターへ搬送されているところだ。

このセーフティカーにより、GT500トップ集団のタイム差がなくなった。残り12周、以下のオーダーで再スタートが切られた。

【GT500】
1位: S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)
2位:MOTUL AUTECH GT-R(本山哲/ミハエル・クルム)
3位:カルソニックIMPUL GT-R(松田次生/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)
4位:KeePer Kraft SC430(国本雄資/アンドレア・カルダレッリ)
5位:D’station ADVAN GT-R(安田裕信/ビヨン・ビルドハイム)

【GT300】
1位:triple aVantage GT3(吉本大樹/星野一樹/吉田広樹)
2位:S Road NDDP NISMO GT−R(関口雄飛/千代勝正/佐々木大樹)
3位:3位マネパランボルギーニ GT3)織戸学/青木孝行/澤圭太)

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る