【SUPER GT】ポッカ1000km:ヒトコマ集(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

4年ぶりに復活したポッカ1000km。現地観戦に行かれた皆さんは、まだ余韻に浸っている方も多いのではないでしょうか?
土曜の夜中に雨が降ったものの、昼間のセッション中では大きな天候悪化もなく、予選日25,000人、決勝日は35,000人のファンが来場しました。

レース期間中のサーキットの様子を写真とともに振り返る「ヒトコマ集」今回の第2弾は決勝日の様子を振り返っていこうと思います。

まずは朝7時のゲートオープン。この日を楽しみにしていたファンの待機列はボーリング場を超え、正面駐車場入口の5番ゲートに到達するぐらい伸びていました!これには長年ポッカ1000kmを取材してきた管理人ヤタさんも、「ここまで並んだのは見たことがない」というくらいの盛り上がり。

 

いよいよ待ちに待った決勝日のスタートです。

 

この日は1000kmということでスタート時刻も早め。さらにGT Asiaの第8戦決勝もあったため、SUPER GTのフリー走行は朝8時から。あいにくのウエットコンディションとなってしまいましたが、決勝に向けて少しでもデータ集めをしようと、グリーンシグナルと同時に各車一斉にコースイン。また本番に向けてのピット作業シュミレーションも、この時間を使って行われていました。

 

フリー走行が終わると恒例のピットウォーク。チケット販売から早い段階で日曜ピットウォーク券が売り切れたということもあり、ピットロードは「人」で埋め尽くされました。

 

ここまで熱心に観に来てくれるファンの熱意に応え、チーム監督やドライバーたちピット前に登場。レース前で忙しい中、訪れたファンに丁寧にサインをしていました。

 

こちらはパドックでのヒトコマ。観戦塾では恒例(?)になりつつある、イカ娘フェラーリの「BIGイカちゃん」です。第2戦富士でお見かけしたときは5体だったんですが・・・
でも、このサーキット侵略計画が功を奏し、27号車は粘り強い走りで8位入賞を飾りました!

 

ピットウォークが終わると、いよいよポッカ1000kmの決勝!路面も乾き、ドライコンディションでスタートを迎えることが出来ました。

 

緊張感あふれるグリッド上を彩るレースクイーンの皆さんもポッカ1000kmという伝統あるレースのグリッドで自分たちのチームを笑顔でサポート。その後ろでは、これから始まる過酷なロングレースをトラブルなく戦えるようメカニックがマシンの最終チェック。いよいよ6時間に及ぶ長いレースがスタートしていきます。

ということで、ヒトコマ集第2弾はここまで。

第3弾では、いつもレースに集中していて見に行く機会のない「レース中のステージイベント」などをご紹介します!

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る