【SUPER GT】第6戦富士:ヒトコマ集(1)ピットウォーク編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

SUPER GT第6戦富士が終了して1週間。
お待たせいたしました!サーキットの様子をそのままの形で伝える「ヒトコマ集」の第6戦富士編です。

今回も多くのGTファンが富士スピードウェイに駆けつけ、2日間トータルで52,000人が来場し、盛り上がりました。
まずは現地レポでもご紹介したオープンピット。何と言ってもHSV010が噂のフェンダーミラーを導入したとあって、ホンダのピット前が特に盛り上がっていましたね。

 

5月ゴールデンウィークの第2戦とは異なり、2日間とも晴天に恵まれた富士スピードウェイ。残暑が厳しいくらいの暑さでした。そんな中で行われた恒例のピットウォークは毎度毎度の大人気!

 

特に首都圏から一番近いサーキットでのSUPER GT開催ということもあって、普段はテレビ観戦されている方も多数サーキットに来場。ドライバーからサインをもらったり、一緒に記念撮影をしたりと短いピットウォークの時間を満喫していました。

 

予選日の最後には、こちらも恒例のキッズピットウォーク。昼間のピットウォークは各チームともに多くのファンが殺到して、お子様連れのご家族はゆっくりマシンを見たり、ドライバーに会うことができません。

 

そこで、中学生以下のお子様と、その保護者のみを対象としたプログラム。翌日に決勝レースを控えているドライバーたちも笑顔で子供たちと接しているのが印象的でした。

メインストレートにはセーフティカーやFROなど、レースを影で支える車両も登場。実際に運転席に座ったり、レスキューの際に使う道具を実際に触ったりと、様々なレースに関わる体験をしていました。

続いては「ヒトコマ集」ではレギュラー(?)になり始めているキャラクターたち。
何と言ってもミシュランのビバンダム君は大人気!第5戦鈴鹿でミシュランタイヤを履くS Road REITO MOLA GT-Rが優勝したのもあり、ちょっと自信満々?な感じでピットロードを練り歩いていました。

こうして子供たちともハイタッチ!(ビバンダム、少し痩せた?引き締まった??笑)

そのビバンダムに対抗して、最近増殖を始めているのがBIGイカちゃん。今回もチームを少しでも上位に!ということでプラットホームを占拠していました。

 

さらに今回!なんとキャラクターシリーズで新入りが登場!“元祖”痛車GTカーである初音ミク号のピットに登場したのは、あの初音ミクちゃん!GSR ProjectMirai BMWに描かれているバージョンのミクちゃんが1/1サイズで登場。ピットウォークを盛り上げていました。

 

 

サーキットに華を添えるレースクイーンの皆さんはピットウォークに!日曜日はメインストレートのピットウォールに整列し恒例の大撮影会が行われ、いつも以上に盛り上がっていました。

レースクイーンの撮影場所の関係上、日曜日はメインストレート上も開放されます。やはり皆さんポールポジションに立って記念撮影をしたり、富士スピードウェイが誇る1.5kmのストレートを見渡したりと、色々行なっていました。

 

そして、こんなヒトコマも。
グリッド上にミニチュアカーを並べて、皆さんご自身の“愛車”を本物のグリッドに並べて記念撮影!
最近はよく見かける光景なのですが、今回からSUPER GTらしくローリングスタートで先導するセーフティカーも登場!

 

こちらはEPSON HSV-010のNakajimaRacingのピット。以前も取り上げたことがありますが、ペーパークラフトを配布しています。いつもはEPSON HSV-010のバージョンですが、今回はフォーミュラ・ニッポン仕様が登場していました。

 

最後にピットの裏側パドックでのヒトコマ。
スタート前にズラリと並べられたタイヤ。実はSUPER GTはF1と違ってタイヤウォーマーの使用が禁止されています。でも使用する前に少しでも温めようと、こうやって日なたに置かれているのです。

いかがだったでしょうか?
サーキットに観戦に行くとなると、お金もかかるし時間もかかります。そのため行きたくても「今回は欠席」という人も多いと思います。

そんな方々にとって、このヒトコマ集を通して「サーキットに行った気分」になっていただければ幸いです。

ヒトコマ集「富士スピードウェイ編」は、この後も続きます!お楽しみに!
(え?期待していないって?・・・そんな事言わないでくださいよぉ^^;)

m(__)m

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る