【ビギナー観戦塾】初めてのF1日本GP観戦(2012ver.)金曜日:フリー走行編

いつもビギナー観戦塾をご覧いただきありがとうございます。

さぁ!皆さんが待ちに待った(中には春から準備されていた方もいると思います)F1が目の前で観戦できる日が近づいてきました。

今年も10月5日(金)~7日(日)まで3日間開催されますが、観戦スケジュールは人によって様々。特に初めて行く人にとっては「現地での観戦ポイントを知りたい!」という人が多いと思います。何も知らない状態で、ただ訳が分からないまま3日間F1を観て帰ってくるだけでは、やはり面白くないですよね。

そうならないためにも!

今年も「ビギナー観戦塾」では、特に初めてF1観戦、鈴鹿サーキットで観戦をする人を対象に「2倍!3倍!楽しめる観戦ポイント」をご紹介していきたいと思います。今回は10月5日(金)フリー走行を“より深く”楽しむポイントをご紹介していきます。

第1弾:10月4日(木)特別ピットウォーク編

【金曜フリー走行は、ほぼ全てのエリアが自由席!】
F1マシンが走り出す金曜日は、午前と午後にフリー走行が2回行われます。「どうせフリー走行(練習走行)だし」と思わずに、サーキットに行ける方は、是非足を運んでみてください!

基本的に全席指定席制となっているF1日本GPのチケット。でも、本音は「他の観戦エリアでもF1を見たい!」というファンの希望に応えて、今年も金曜フリー走行のみ、観戦エリアが(一部を除いて)自由席化されることになりました。午前と午後、90分のフリー走行を合計2回行う金曜日は、走行セッションごとに違うエリア(できればお持ちの指定エリアとは別のエリア)に観戦に行ってみると面白いと思います!

★予選・決勝を観戦出来ない人も金曜日券を使ってF1を観に行こう★
「お仕事や別の用事で土日の観戦が出来ないから・・・」と諦めている皆さん!
都合で金曜日しか来れないという方のために「金曜日フリー走行券」も販売されます。通常の3日通し券から比べると格段に安いので、こちらで1日だけでも鈴鹿サーキットでF1観戦を楽しんでください!

【フリー走行1回目(10:00~11:30)】
開始時間は10時(予定)からなので、その1時間半くらい前までにはサーキットに着いているようにすると、余裕を持って観戦エリアに行く事ができます。

※観戦エリアがメインゲートから見て、ヘアピンより奥の場合は、もう少し余裕を持つことをお勧めします。

特に初めてF1の走行シーンを観るという方は、その音と迫力に浸ってください!とにかく「すごい!」としか言えなくなります!最初のフリー走行は、どのチームもシステムチェックやコースの確認が主な作業になるため、そこまで本気で走らない事が多いです。なので、この時間はF1の迫力に浸る時間に使うのも良いですね!

 
[1‐2コーナー(左)とシケイン・最終コーナー(右)は迫力もあり、サーキットの半分を見渡せるエリア!]

★同じチームのドライバーを見分けられるようにしよう!★
F1の場合は、1チーム2台のマシンが出走するため、同じカラーリングのマシンが2台走る事になります。そのため、どちらが誰か?もちろん、各ドライバーのヘルメットで見分ける事も出来ますが、コックピット頭上の車載カメラの色に注目すると、より簡単に見分けることができます。特に現地観戦では、覚えておくと非常に役に立つ見分け方なので、要チェックですね!

 

 
[上は2011年のF1日本GPでのザウバーチーム。左がペレス(黄)で右が可夢偉(赤)カメラカラーを見れば、すぐ見分けられます!]
チーム・ドライバーの見分け方特集はこちら

【お昼休み(11:30~14:00)】
このお昼休みの時間帯。ちゃんと昼食は取ってくださいね!
時間に余裕があれば、サーキット内に建ち並ぶ「グッズショップ」を回ってみると面白いと思いますし、午後のフリー走行が始まるまでに応援グッズを買うチャンスでもあります。

 

金曜日は比較的タイムスケジュールもゆったりとしているので、早い段階から無理をせず、「客席で昼寝!」というものアリかもしれません(笑)

【フリー走行2回目(14:00~15:30)】
午後のフリー走行は、システムチェックも終わった各マシンが、いよいよ本格的にレースを想定しての走行に移る時間となっていきます。どのチーム・どのドライバーも「ソフトタイヤとハードタイヤの性能比較」や「燃料満タン時と空タン時のマシンの挙動の違い」を把握するために、色々なことを試し、鈴鹿攻略のための走行を見せてくれます。

★調子の良いチーム・ドライバーを見分けよう!★
初めてのF1生観戦で、マシンの良し悪しを見分けるのは、もちろん簡単なことではありませんが、見分け方を知っておくだけでも楽しめると思います。

 

その見分け方は、とても大変ですが・・・。とにかく1時間半、難しいことは考えずに、“ジーーっ”と各マシンの動きを観察してみてください。それを繰り返しているうちに、「なんとなくこのドライバー速いなぁ。このチームはちょっと遅いなぁ」と感じてくるはずです。それと、タイムを見比べると、意外と一致してきます。


[S字はドライバーの差、マシンの差が顕著に出やすい場所!]

別に100%見分けられなくても構いませんし、絶対にやらなければいけないことでもありません。ただ1時間半「ボーっと」見るよりも、「ちょっと試してみよう!」という感覚でテーマを持って観戦すると、さらに面白く観戦できます!

★色んなエリアを観て回るのも良し!★
金曜日のフリー走行は、午前と午後を合わせて3時間という長い走行時間が設けられています。前述のように“ドライバーの差、マシンの差に注目したい!”というのも良いですが、せっかく色んなエリアを観て回れるのですから、一箇所に居座るのではなく、走行中でも各コーナーに移動して、色んな場所で観戦するという楽しみ方もあります。

例えば・・・
午前の1回目:西コース中心(最初はスプーンで観て、後半はヘアピン)
午後の2回目:東コース中心(S字とか1-2コーナーとか・・・)


[観戦初心者向け資料詰め合わせセット(2011ver.)より]

何度も申し上げますが、金曜日は一部を除いて全席自由なので、そのメリットを存分に生かした観戦をすると、満喫した一日を過ごせると思います!

【お土産やグッズの購入はお早めに!】
フリー走行2回目が終わるのは15時30分。時間に余裕がある人は、サーキットに残って、お土産を先に購入してしまいましょう!

金曜日は、全体的に観戦者数も少ないので、グッズショップやお土産店も、比較的混雑していません。また、日曜日に購入すると混雑する場内で、荷物をたくさん持った状態で移動しなければいけませんので、とても大変です。なので、金曜日のうちに(家族や会社へ買って帰るお土産は、特に!)購入してしまうと、後々気にする必要がありません。
また、購入したお土産は場内に宅急便の出張受付所が設けられていますので、そこから自宅に送ってしまえば荷物も増えなくて楽です。

F1グッズなどの品揃えが一番多いのは金曜日(厳密に言うと木曜日)です!特に数量限定品は金曜日でしか手に入らないものもありますので、お目当てのものは金曜日のうちにゲットしてしまいましょう!

いかがだったでしょうか??
「たかが金曜フリー走行」ですが、「されど金曜フリー走行」でもあるのです。こうやって金曜日にしかないメリットもたくさんあるので、都合が付くのであれば、金曜日からサーキットに観戦に来ると、2倍・3倍F1を、鈴鹿サーキットを楽しむことができますよ!

次回は土曜日(公式予選編)をご紹介します。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る