【F1】日本グランプリに向け、F1マシン・機材が続々と日本に到着!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いよいよ来週に迫った26日(水)、F1日本グランプリに向けてマシンと機材が日本に到着した。

この日、中部国際空港セントレアに到着するカーゴ便の様子がメディアに公開され、多くのメディアが集まり、F1マシンが日本に上陸する瞬間を取材。また鈴鹿サーキット公式USTREAMでも16時20分から生中継配信をし、日本グランプリを心待ちにしている多くのファンが視聴した。

マシン・機材を積んだカーゴ便は25日(火)の午後から続々と到着しており、今回公開されたのはザウバーとトロ・ロッソのマシン計4台と部品や機材が積まれている第4便。

 

16時25分。ほぼ定刻通りにマシンを載せたカーゴ便が到着。まずは2段積みにされたトロ・ロッソのマシンが登場。昨年は午前中の到着だったが、今年は夕方ということもあり、夕日に照らされてF1マシンが日本に上陸する瞬間を迎えた。

 

その後、チームの機材・パーツ等が次々と運びだされ、最後にザウバーチームのマシン2台が登場。もちろん、移動用に一部解体されているものの、小林可夢偉が鈴鹿で駆るザウバーC31も、無事に日本に降り立った。全てカーゴ便から降ろされた機材は、空港内で通関検査を行うために別の場所へ移動された。

 

専用のカーゴ便は27日(木)にも第5・6便が到着予定で、3日間トータルのマシン・機材の総重量は679t。飛行機から降ろされたマシン・機材は順次通関検査を終えて、約100台のトレーラー・トラックを使用して舞台となる鈴鹿サーキットに運ばれる。

F1日本グランプリ開幕まで、あと9日。
マシン・機材も日本に到着し、いよいよ今年のF1日本グランプリウィークが幕を開け始めた。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る