【F1】待ちに待った2012F1日本グランプリ!皆さん、思い思いの鈴鹿F1を満喫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

フリー走行1回目を終え、鈴鹿サーキットはお昼休みの時間に突入。この日を楽しみにしていたファンの皆さんは、それぞれの「F1日本グランプリ観戦」を満喫している。

 

昨日のピットウォーク・サイン会では、これまでにない盛り上がりを見せたが、フリー走行1回目から各コーナーのスタンドはほぼ満席。金曜フリー走行が自由席化されて3年目になるが、朝一番のフリー走行でこんなに埋まるのは、今までなかったかもしれない。

なかには初めてF1マシンの走行シーンを観るファンも多く、その迫力とサウンドに驚いている方もいた他、一眼レフを片手にF1マシンの走行シーンを写真に収めようと頑張るファン。またお目当てのドライバーが目の前を通過すると、購入した応援グッズや手作りのグッズを使って、声援を送るファンの姿も見られた。

 

11時30分にセッションが終わると、ちょうど昼食の時間帯ということもあり、観戦スタンド裏のフードコートには長蛇の列ができた。この暑い日差しの中で列に並ぶというのは、通常では嫌がる方も多いかもしれないが、F1日本グランプリの場合は「並んででも手に入れる昼食」というのも、ひとつのイベントとなっているファンも多いようだ。

並びながらメニューを決める方もいれば、先ほど終わったフリー走行1回目の各ドライバーの走りについて、仲間同士で議論するファンも多く、とても和やかな雰囲気が流れていた。

 

GPスクエアにあるオフィシャルステージでは恒例のサポーターズコンテストの予選もスタート。パドッククラブパスをかけて、参加者たちは気合の入ったパフォーマンスを披露。ステージ前は大盛況。その横にあるグッズショップでは、昨日引退発表があったミハエル・シューマッハ(メルセデスAMG)の鈴鹿ラストランを応援しようと、シューマッハ関連のグッズを購入していくファンが多かった。

しかし、今日の鈴鹿サーキットは快晴に恵まれている一方で、残暑を思い起こさせるような暑さにもなり始めている。サーキットで観戦されている方々は、適度に日陰などで休憩をとっていただき、こまめな水分補給を忘れずに行なっていただきたい。

コース上では、この後14時00分からフリー走行2回目が開始される。
現地観戦されている皆さんは、しばしの間“1年ぶりの鈴鹿”“初めての鈴鹿”をゆっくりと満喫していただきたい。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る