【FSC】GT500決勝第2レース:中嶋一貴とのデッドヒートを制し立川祐路が優勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

16日に開幕した2012年のJAFGP富士スプリントカップも、早いもので最後のレース。GT500クラスの決勝第2レースのスタートの時を迎えた。直前のGT300第2レースではコース各所で白熱したバトルが展開されたが、GT500は今週末の最後を飾るにふさわしいベストレースとなった。

スタートではポールポジションの中嶋一貴(PETRONAS TOM’S SC430)がやや出遅れ、2列目にいた立川祐路(ZENT CERUMO SC430)と松田次生(カルソニックIMPUL GT-R)が好ダッシュ。1位立川、2位松田、3位一貴の順でレースが始まっていく。スタートで一気に前に出た立川は序盤からリードを築いていくが、出遅れ分を取り戻そうと一貴も本領を発揮。2周目に松田を抜くとトップの立川を追った。一方、3位に落ちた松田はスタート時にフライングをしていたことが判明。前日のJ・P・デ・オリベイラ同様に悔しいドライブスルーペナルティを受けてしまう。

一時は3秒以上のリードを築いた立川だったが一貴がすこしずつ接近。6周目の最終コーナー明けで横に並びかけると、そのまま1.4kmのメインストレートをサイドバイサイドで通過。1コーナーのブレーキング勝負で一貴がトップを奪い返した。

その後は両者、約1秒前後の間隔をキープ。しばらく膠着状態が続いたレース中盤だったが、残り7周というところで立川がチャンスを掴む。まずは16周目のヘアピンでインに飛び込むが、一貴も応戦。サイドバイサイドのままダンロップへ侵入するが、ここは一貴が意地でトップを死守する。それでも諦めず食らいつく立川。17周目の最終コーナーで再びチャンスを作り、一瞬トップに立つものの、一貴も負けじとストレートで横に並び、再び1コーナーでのブレーキング勝負に。先程は競り勝った一貴だったが、今回はブレーキを遅らせすぎてオーバーランしてしまい、勝負あり。序盤から続いた一貴との死闘を制し、見事GT500の第2レースを制した。2位には一貴、3位には昨年の第2レースで優勝した伊沢拓也(RAYBRIG HSV-010)が入った。

 

優勝した立川は「本当にうれしいです。一貴とのバトルは、最後まで激しく続きましたが、ドライブしていた僕は本当に楽しかったです。良いレースができました。」とコメント。レース終了後はすべてを出し切ったかのように疲れきった様子をみせた立川。それだけ一貴との死闘が激しかったのだろう。

これで2012年の富士スプリントカップ全レースが終了。最後はまさに特別戦「JAFGP」にふさわしい白熱した大熱戦が繰り広げられ、スタンドに詰め掛けたファンからも大きな拍手と声援が沸き起こった。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る