【SUPER GT】BRZがタイヤをミシュランに変更!2013年参戦体制を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

東京オートサロンの会場内にあるスバルブースで、2013年のモータースポーツ参戦体制が発表された。今年も昨年同様にSUPER GT(GT300クラス)、ニュルブルクリンク24時間耐久レース、海外ラリーの3本を主軸として活動を展開。その中でも一番ビッグなニュースがあったのが、SUPER GTだった。

昨年からレガシィに変わって新型スポーツカー「BRZ」で参戦開始。デビューイヤーながら上位に食い込む走りをみせるなど、その高いポテンシャルに多くの関係者やファンが目を見張った。2年目となる今年はBRZでのGT300初優勝を一番の目標にし、チャンピオン争いに加わっていく事も視野に入れて準備を進めている。

 

車種は同じBRZだが、昨年の反省点を踏まえて新しいシャシーで、ほぼゼロから製作し直した「2013年モデル」で参戦予定。マシン各所に改良が加えられる予定だ。

そして何と言っても注目が集まったのがタイヤ。昨年はヨコハマタイヤを使用していたが、今年はGT500のチャンピオンタイヤでもあるミシュランにスイッチ。これがどのような力を発揮してくるのか、開幕まで目が離せない。

ドライバーは昨年に引き続き山野哲也と佐々木孝太のコンビ。体制発表会に参加した2人の口からは揃って「まずは、このマシンで初優勝を目指したい!」と強い意気込みが語られた。

 

また昨年は2年連続SP3Tクラスで優勝を飾ったニュルブルクリンク24時間。今年もスバル WRX STI S206で参戦し、3連覇を目指してマシンの製作が進められている。ラリーについては今年から新たに発足するWRC2とWRC(欧州ラリー選手権)に参戦予定。具体的に支援するドライバー等についての詳細情報は決まり次第リリースされるとのことだ。

現在のSUPER GT(GT300クラス)は、海外のFIA-GT3車両が上位を独占するレースが続いており、純国産マシンであるJAF-GT車両が苦戦を強いられている。しかし、大幅な改良が加えられるBRZは間違いなく“伏兵的存在”になってくるだろう。今シーズンのどこかのレースで初優勝の瞬間が、もしかすると見られるかもしれない。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る