【鈴鹿ファン感】往年のグループCカーがデモラン、星野氏「さすがに1100馬力は怖かったね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

KANSENZYUKU

2013年の鈴鹿ファン感、まず最初のビックイベントはグループCカーのデモ走行が行われた。この日の鈴鹿は気温が低く、午前中は雪が舞うなど寒い日となってしまったが、グランドスタンドには年に一度のファン感を楽しみにしていた多くのモータースポーツファンが詰め掛けた。

KANSENZYUKU KANSENZYUKU

デモ走行に先立ち“元祖日本一速い男”星野一義氏が登場。実は現役当時に駆っていたシルビアターボCに乗り込んでデモ走行に参加する予定だったが、都合により走行はキャンセルとなってしまった。

KANSENZYUKU

しかし、展示車として鈴鹿にマシンは搬入されており、トークショー中はグランドスタンド前にもマシンが展示された。トークショーでは「このクルマはウイングカーだったので、操縦性はとても良かったけどトラブルが多かったねぇ。当時は1000馬力を上回る大パワーがあて、日産のR90CKに乗ってた時は1100馬力だったけど、怖かったねぇ」とマシンの思い出や、当時は話せなかったネタも披露。スタンドに詰め掛けたファンも興味津々に聞き入っていた。

KANSENZYUKU KANSENZYUKU

この後、日産R90CKやマツダ767など、1980年から90年台の国内レースを盛り上げた、昔からレースを観ていたファンにとっては懐かしいマシンたちが、時代が変わり、施設も新しくなった鈴鹿サーキットを駆け抜けた。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る