【鈴鹿ファン感】元WGP王者エディ・ローソンが来場!「この機会を与えてくれた全ての人に感謝したい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

KANSENZYUKU

鈴鹿ファン感で走行するのは4輪車両だけではない。今回も1980年代のWGPで鈴鹿を駆け抜けたバイクが登場し、鈴鹿とゆかりのある名ライダーをお迎えしてのトークショー&デモ走行が行われた。

今回のゲストは元WGP王者で1990年の8耐ウィナーであるエディ・ローソン氏が来場。笑顔でファンの前に登場した。

KANSENZYUKU KANSENZYUKU

本来はトークショーを行なってからデモ走行を行う予定だったが、時々雪が降るというあいにくなコンディションにより急きょ先にデモ走行を実施。まずは現役時代に使用していたヤマハYZRでゆっくりコースイン。当時のレースを思い出すかのように噛み締めながら東コースを周回した。その後メインストレートに戻ってくると、今度は用意されたホンダNSRに乗り換えて再びコースへ。今度はレーシングスピードに近い速さでメインストレートを駆け抜けた。

KANSENZYUKU

これにはグランドスタンドに詰め掛けたファンも拍手喝さい。デモ走行を終えてグランドスタンド前に戻ってくると手を振って声援に応えた。

KANSENZYUKU KANSENZYUKU

そのままトークショーに参加したローソン氏は「このYZRは僕が1985年に使用していたバイクで、その時のマーキングもそのまま残っていた。あれから20年以上も経っているのに、レーシングスピードで走れる状態で保存されているのが凄く嬉しかった。もちろんホンダNSRも素晴らしい状態で、ここまでバイクをメンテナンスしてくれた両メーカーのスタッフと、このような機会をくれた鈴鹿サーキットに何度感謝しても足りないくらいだ。そして、この寒い中でも集まってくたファンに皆さんにもお礼を言いたい。本当に素晴らしい機会をありがとう。」と、熱く語っていた。

今年で開場51年目と長い歴史を持つ鈴鹿サーキットだが、レースに携わる全ての人と、そのレースを楽しみに来場するファンの情熱が絶えることがないから、今でも多くのドライバー・ライダーから愛されるサーキットなのだと感じた瞬間だった。

このローソン氏によるWGPバイクのデモ走行は明日も行われる予定だ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション株式会社は18日、2018…
  2. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  3. [table id=80 /]…
  4. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  5. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る