【S-GT】2013第1戦岡山:雨と寒さで公式練習は大荒れ。赤旗5回で途中終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

2013年のSUPER GT第1戦岡山ラウンド。午前9時00分から公式練習セッションが行われた。公式予選までの短い時間を有効に使おうと、各チームともガレージ前にマシンを出して臨戦態勢。グリーンシグナルと同時に各マシンが一斉にコースインし、2013年仕様マシンのチェック走行を始めた。

朝こそ雨が降っていなかった岡山国際サーキットだが、セッション開始と同時にポツリポツリと降り始め、気がつくとあっという間にウエットコンディションに。序盤のドライコンディションでタイムを計測したZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平)が1分25秒758でトップタイムを記録。GT300はラ・セーヌ ランボルギーニGT3(吉本大樹/山内英輝)が1分30秒641でトップタイムを記録した。

しかし、セッションが進むに連れて路面コンディションは悪化。各車レインタイヤに履き替えてマシンのセットアップを行うが、みるみるうちに増していく雨量と寒さにより、路面温度も低下。予想以上に滑りやすいコンディションとなってしまい、コースアウトするマシンが続出。特にセッション残り30分今日のところでARTA CR-Z GTを駆る小林崇志がモス・エスで大クラッシュ。自力でマシンから脱出できず担架で救急車に乗せられメディカルセンターへ運ばれるシーンがあった。なお、小林の容態については詳しい情報が入り次第お伝えする。

これにより約15分の中断があり、10時43分にGT300の専有走行という形で再開されるが、さらに雨脚が強まり、ハイドロプレーニングでコースアウトするマシンが多発。結局すぐに赤旗が出され、そのままセッションが中断となった。

午後の公式予選時には、さらに激しい雨になるのではないかと予想されており、今のところは予定通り進行しているが、今後のタイムスケジュールにも影響が出るかもしれない。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る