【SF】2013第1戦鈴鹿:フリー走行1回目は山本尚貴が最速、トップ14台が1秒以内!

©KANSENZYUKU

いよいよ開幕戦を迎えた2013年の全日本選手権スーパーフォーミュラ。早速、午前9時05分からフリー走行1回目が1時間に渡って行われた。

©KANSENZYUKU

晴天に恵まれドライコンディションとなった鈴鹿サーキット。グリーンシグナルと同時に各車が続々とコースイン。マシンのチェック走行に加えて予選・決勝に向けてのセットアップを行った。今回スポット参戦し注目を集めている佐藤琢磨(TEAM無限)も早速コースイン。序盤から何周か連続走行をし、マシンの確認を行った。琢磨をはじめ各ドライバーともに3月の公式合同テストで鈴鹿は走りこんでおり、そこでのデータを元にさらにセッティングを煮詰めていく作業が行われた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

また開幕戦で2013年仕様のカラーリングがお披露目になるチームもあり、早朝から訪れたファンを釘付けにしていた。

このセッションでトップタイムを記録したのは山本尚貴(TEAM無限)。合同テストで小暮卓史(NAKAJIMA RACING)が叩き出した1分36秒台には、コンディションの影響により届かなかったものの、1分38秒127と昨年のコースレコード(1分38秒700)を早くも更新。2番手に松田次生(TEAM IMPUL)、3番手に伊沢拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)と続いた。また全19台中トップ14台が1秒以内にひしめく僅差。おそらく午後の公式予選では、Q1から激しいタイムアタックバトルが観られることは確実だろう。

琢磨は1分38秒775で12番手タイム。順位的に見るとパッとしないが、山本とのタイム差はわずか0.6秒と僅差。予選では上位進出のチャンスも十分あり、一発勝負のタイムアタックに期待したい。

注目の公式予選は13時50分からノックアウト方式で争われる。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る