【SF】2013第1戦鈴鹿:フリー走行1回目は山本尚貴が最速、トップ14台が1秒以内!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

いよいよ開幕戦を迎えた2013年の全日本選手権スーパーフォーミュラ。早速、午前9時05分からフリー走行1回目が1時間に渡って行われた。

©KANSENZYUKU

晴天に恵まれドライコンディションとなった鈴鹿サーキット。グリーンシグナルと同時に各車が続々とコースイン。マシンのチェック走行に加えて予選・決勝に向けてのセットアップを行った。今回スポット参戦し注目を集めている佐藤琢磨(TEAM無限)も早速コースイン。序盤から何周か連続走行をし、マシンの確認を行った。琢磨をはじめ各ドライバーともに3月の公式合同テストで鈴鹿は走りこんでおり、そこでのデータを元にさらにセッティングを煮詰めていく作業が行われた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

また開幕戦で2013年仕様のカラーリングがお披露目になるチームもあり、早朝から訪れたファンを釘付けにしていた。

このセッションでトップタイムを記録したのは山本尚貴(TEAM無限)。合同テストで小暮卓史(NAKAJIMA RACING)が叩き出した1分36秒台には、コンディションの影響により届かなかったものの、1分38秒127と昨年のコースレコード(1分38秒700)を早くも更新。2番手に松田次生(TEAM IMPUL)、3番手に伊沢拓也(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)と続いた。また全19台中トップ14台が1秒以内にひしめく僅差。おそらく午後の公式予選では、Q1から激しいタイムアタックバトルが観られることは確実だろう。

琢磨は1分38秒775で12番手タイム。順位的に見るとパッとしないが、山本とのタイム差はわずか0.6秒と僅差。予選では上位進出のチャンスも十分あり、一発勝負のタイムアタックに期待したい。

注目の公式予選は13時50分からノックアウト方式で争われる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…
  2. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  3. 2017-7-6

    【2017F1日本GP】7月9日(日)から西エリアチケット・金曜日券を販売開始

    鈴鹿サーキットは7月9日(日)10:00からF1日本グランプリ「西エリアチケット」および「金…

最近の記事

  1. 2017年の全日本スーパーフォーミュラ選手権の第4戦がツインリンクもてぎで行われ、ピエール・…
  2. ©︎Red Bull モータースポーツと学生をつなぐイベントの一環として、関西の各大学が中…
  3. 今年もSUPER GTのGT500クラスに参戦するレクサス勢のドライバーによるファンイベント…
  4. 8月26・27日に鈴鹿サーキットで開催されるSUPER GT第6戦鈴鹿1000kmを前に、ス…
  5. [table id=72 /]…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る