【F1】2013第5戦スペインGP:金曜フリー走行はベッテルが最速!アロンソは地元で2位発進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2013年のF1世界選手権は、いよいよ舞台をヨーロッパに移し本格的なシーズンがスタート。その初戦となる第5戦スペインGPが現地時間の10日(金)から開幕。午前・午後とフリー走行セッションが2回行われた。

バーレーンGPから約3週間と時間が空いてしまったが、その間に各チームは序盤戦でのレース内容を徹底的に分析。上位チームは改良型のパーツを投入するなど戦闘力アップを図って今回のレースに挑んでいる。

この日のカタルーニャサーキットは朝から雨に見舞われウエットコンディションでスタート。しかし天候は徐々に回復し、午前中のセッション終盤からドライコンディションに。そこで地元スペイン出身のフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が1分25秒252でトップタイムを記録。僚友のフェリペ・マッサも2位につけ、フェラーリチームが幸先の良いスタートを切った。

午後になると、天候は完全に回復しドライコンディションに。すると、午前中はあまり積極的に走行しなかったレッドブル陣営がペースアップ。セッション中盤に今回もオプション(ソフト)側になるミディアムタイヤを履いたセバスチャン・ベッテルが1分22秒808を叩きだしトップに立つとライバルのアロンソも1分22秒825と僅差のタイムを記録。その後はレースを想定したロングラン走行を各車が行い、結局ベッテルのタイムがこの日の最速となった。

2位も変わらず0.017秒差だったアロンソ、3位にはベッテルの僚友マーク・ウェバーが入り1分22秒891を記録している。以降は23秒台のタイムだったが、僅差であるとは変わらずキミ・ライコネン(ロータス)、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)、ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)と続いた。

決勝グリッドを決める公式予選は日本時間の11日(土)21時00分からスターとの予定。約3週間ぶりにF1の白熱したバトルを楽しめる週末が帰ってきた。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る