【INDY】2013第5戦インディ500予選:カーペンターがPP、琢磨は不運に見舞われ18位

©INDY CAR
©INDY CAR

2013IZODインディカー・シリーズ第5戦インディ500の予選「ポール・デイ」が現地時間の18日(土)午後に行われた。26日(日)に決勝が行われるが、長年の伝統に従い、今年も1週間前の土日に「ポール・デイ」「バンプ・デイ」が開催される。

この日はポールポジションが決まる「ポール・デイ」が予定されていたが、予選開始直前に雨が降り路面はウエットコンディションに。インディカーの場合、安全のため雨がふった時点で走行セッションは一時中断されることになっており、予定時刻より遅れて予選アタックが開始された。

インディ500は通常のラップタイムではなく、4周連続で周回しその平均スピードが速かった順でグリッドが決定。また1台ずつコースに出ての計測で、その順番はくじ引きにより決められる。

©INDY CAR ©INDY CAR
©INDY CAR

最初に33番まで用意されているグリッドのうち、1〜24番手までを決めるセグメント1がスタート。琢磨は2番目の出走順を手に入れたが、直前に降った雨の影響により、前半に出走するドライバーは比較的(ドライとはいえ)コンディションの悪い路面での計測となってしまった。トップバッターで出たスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)の226.158mphを目指して計測を行ったものの、路面が良くないこともあり満足のいく走りができず、225.892mphの記録に留まった。その後、路面は徐々に良くなるにつれ各ドライバーがトップの記録を更新。琢磨は結局18位となり、セグメント2“ファスト9”進出とはならなかった。

©INDY CAR
©INDY CAR

セグメント1でのトップ9台で2013ポールシッターをかけて行われる“ファスト9”は、アタックの順番が後半だったシボレーエンジン勢で湿られた。その中でも抜群の速さをみせたのがエド・カーペンター(エド・カーペンター・レーシング)が228.762mphを記録してポールポジションを獲得した。

翌2日目「バンプ・デイ」では、今日決まらなかった25〜33番グリッドが決められる。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る