【D1】2013第2戦鈴鹿:単走トップ2が勝ち上がった決勝バトルを制し、末永直登が今季初V!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

2013年のD1グランプリ第2戦決勝ラウンドが、三重県の鈴鹿サーキットで行われ末永直登が今季初優勝を飾った。

シード選手16人に加え、昨日の予選から勝ち上がってきた8人の計24人で始まった決勝ラウンド。その中から決勝トーナメントへ進出する16人を決める単走で、全体2位につけた末永。2台のマシンが同時にドリフトを行い、その迫力と技を競う追走トーナメントでは、初戦のベスト16から開幕戦で優勝した古口美範との対決となった。しかし古口のマシンにトラブルが発生し、決着がつく前にベスト8に進出すると、今度はSUPER GTでも活躍する織戸学との勝負。ここでも先にアドバンテージを取っていくドリフトでベスト4にコマを進めた。

©KANSENZYUKU

準決勝の相手は予選ラウンドでトップ通過を果たした内海彰乃。追走1本目アドバンテージを握られてしまった末永だったが、冷静に2本目で逆転し念願の決勝戦へ。最後の相手は単走1位だった斎藤大吾。単走で100点オーバーの超高得点を叩き出した2人による決勝戦に、会場となった1・2コーナーのB・C席スタンドに詰めかけた観客からは惜しみない声援が贈られた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

注目の決勝1本目は後追いの末永が齋藤に詰め寄るドリフトでアドバンテージを奪う。前後を入れ替えて行われた2本目では逆転しようと焦った齋藤が末永に接触。そのまま齋藤はスピンを喫し勝負あり。末永が今季初優勝を飾った。

©KANSENZYUKU

「こういう勝ち方は納得出来ないけど、いつも手強い齋藤選手に勝って優勝できたのは素直に嬉しい」と、後味が悪い勝ち方に納得の行かない表情を見せていたが、集まった観客に大きく手を振って声援に応えた。2位は決勝で敗れた齋藤。ベテラン上野高広との3位決定戦を制した内海が3位に入った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る