【F1】メルセデスが2014年からウィリアムズにパワーユニット供給が正式決定

©WilliamsF1
©WilliamsF1

現地時間の30日、F1に参戦する名門チーム「ウィリアムズ」が、メルセデスエンジンとパートナー契約を結び、2014年からパワーユニット(エンジン+エネルギー回生システム)の供給を受けることを発表した。

ウィリアムズは2012年から過去5度のコンストラクターズチャンピオンを獲得したルノーエンジンを使用。昨年のスペインGPではパストール・マルドナードがチームに7年半ぶりの優勝をもたらした。しかし今年は開幕戦から艇名が続いており、第6戦モナコGPを終了して最高は11位とまだポイントがない。

そんな中、来年からエンジンルールが大幅に変更される機会を利用して、近年では実績のあるメルセデスのパワーユニットを使用することを決めたようだ。

現在、メルセデスエンジンを使用しているのはワークスであるメルセデスAMG、マクラーレン、フォースインディアの3チーム。そのうちマクラーレンは先日2015年からホンダ製のパワーユニットを使用することが発表されたため、メルセデスとのパートナーシップは来年までとなる。

1969年から続く名門ウィリアムズチームの歴史の中で、メルセデスとタッグを組むのは初めての事。来季の彼らの走りが今から楽しみだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. いよいよ、今年もF1日本グランプリの開催が近づいてまいりました。みなさん、観戦の準備は進ん…
  2. 画像:鈴鹿サーキット
    画像:鈴鹿サーキット 鈴鹿サーキットを運営するホンダモビリティランド株式会社は2月2日、20…
  3. 2023AUTOBACS SUPER GT Rd.8が、11月4日・5日に栃木県のモビリティーリゾ…
  4. 2023年 AUTOBACS SUPER GT Rd.7 が大分県のオートポリスで10月14・ 1…
  5. 2023年のAUTO BACS SUPER GT ROUND6『SUGO GT 300km…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る